瀬谷区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 移動販売で買い物支援へ

    イオンフードスタイル三ツ境店

    移動販売で買い物支援へ コミュニティ社会

    交流や見守りにも一役

     イオンフードスタイル三ツ境店((株)ダイエー)が3月1日から、瀬谷区内16カ所で移動販売を開始した。毎週月曜日から金曜日の午前と午後に各エリアを回り...(続きを読む)

    3月25日号

  • 手形アートで気運醸成

    国際園芸博覧会

    手形アートで気運醸成 社会

    児童らが大輪の花表現

     2027年に旧上瀬谷通信施設(瀬谷区、旭区)で開催予定の国際園芸博覧会に向けて気運を醸成する手形アートが3月15日、瀬谷駅南口近くに掲示された。両区の小学生と...(続きを読む)

    3月25日号

  • 「エコ活」定着へ一手

    「エコ活」定着へ一手 社会

    官民連携し、事例紹介

     地球温暖化などを防ぐための自然環境にやさしい「エコ活」への理解を深めてもらおうという事業「瀬谷エコライフ」が3月26日(金)まで、区役所ホームページや区民ホー...(続きを読む)

    3月18日号

  • 加藤さん(隼人)が最高賞

    高校野球キャッチフレーズコンクール

    加藤さん(隼人)が最高賞 社会

    「繋ぐ想い、挑む夏。」

     横浜隼人高等学校の加藤珠海(たまみ)さん(2年)がこのほど、第103回全国高校野球選手権大会キャッチフレーズコンクールで、全国1万512点の中から最...(続きを読む)

    3月18日号

  • コロナ禍の芸術家を支援

    横浜市

    コロナ禍の芸術家を支援 文化

    活動経費などに助成金

     横浜市では、新型コロナウイルス感染症の影響で公演機会が減り、経済的に苦境に立たされながらも新たな表現方法を模索するアーティストへの支援策を講じている。活動支援...(続きを読む)

    3月11日号

  • 商店街マップが完成

    瀬谷駅南口

    商店街マップが完成 経済

    横信が制作、99店舗網羅

     再開発が進む瀬谷駅南口周辺の商店街を紹介するマップが3月4日、駅近くに掲示された。横浜信用金庫瀬谷支店が制作したもので、山地健一郎支店長は「地域の皆...(続きを読む)

    3月11日号

  • 地域SNSで魅力発信

    瀬谷区

    地域SNSで魅力発信 社会

    相鉄沿線4区で連携

     瀬谷区役所がこのほど、相鉄沿線の保土ケ谷区・旭区・泉区と連携し、子育て世代などが利用する地域密着型のSNSアプリ「ピアッザ」内にエリアページを立ち上...(続きを読む)

    3月4日号

  • 「総合支援拠点」10区に設置

    横浜市児童虐待対策

    「総合支援拠点」10区に設置 社会

    相談対応など強化へ

     横浜市は児童虐待対策の充実を図るため、2021年度中に市内10区のこども家庭支援課へ「こども家庭総合支援拠点」の設置を新年度予算案に盛り込んだ。区役所における...(続きを読む)

    3月4日号

  • 前年同水準の9453万円

    瀬谷区21年度自主企画事業

    前年同水準の9453万円 社会

    定住促進など盛り込む

     瀬谷区がこのほど、2021年度の自主企画事業の予算案を発表した。総額は20年度とほぼ同額の9453万3000円で、新規事業として定住促進に向けた魅力...(続きを読む)

    2月25日号

  • 現職2氏の一騎打ちか

    衆院選5区

    現職2氏の一騎打ちか 政治

    今秋までに解散総選挙へ

     今秋任期満了を迎える衆議院議員。「総理の専権事項」と言われる、解散総選挙に菅首相がいつ打って出るかに注目が集まってきている。本紙の調べでは、現時点で神奈川5区...(続きを読む)

    2月25日号

  • 旧上瀬谷通信施設の整備に29億

    【Web限定記事】横浜市 21年度予算案

    旧上瀬谷通信施設の整備に29億 社会

    土地区画整理や新交通の検討進める

     横浜市がこのほど、2021年度の当初予算案を発表した。跡地利用の検討が進む「旧上瀬谷通信施設」については土地区画整理や新しい交通システムの検討、周辺道路の整備...(続きを読む)

    2月18日号

  • 1051枚の写真で彩るモザイクアート

    【Web限定記事】瀬谷フェスティバル実行委員会

    1051枚の写真で彩るモザイクアート コミュニティ社会

    3月12日まで区民ホールで公開

     せやまるなどのフォトモザイクアートが、瀬谷区役所2階区民ホールで3月12日(金)まで披露されている。瀬谷フェスティバル実行委員会(網代宗四郎委員長)と瀬谷区...(続きを読む)

    2月18日号

  • SDGsで飲食店と連携

    第二小児童

    SDGsで飲食店と連携 社会

    メニューやグッズ考案

     瀬谷第二小学校(渡辺正規校長)の6年1組の児童がSDGs(持続可能な開発目標)の一環で、地元飲食店「たまごCaféごはん」とコラボレー...(続きを読む)

    2月11日号

  • 一般会計 初の2兆円台に

    横浜市21年度予算案

    一般会計 初の2兆円台に 社会

    コロナ対応で膨張

     横浜市はこのほど、2021年度の予算案を発表した。新型コロナの経済への影響で、歳入では市税収入が前年度から488億円減少し過去最大の減収を見込む。一方で、感染...(続きを読む)

    2月11日号

  • 2団体が厚労大臣表彰

    2団体が厚労大臣表彰 社会

    民生活動と外国人支援で

     社会福祉とボランティアの功労者として、「相沢地区民生委員児童委員協議会」(紅林千津子会長)と「国際交流Seya」(舩矢多紀子代表)が厚生労働大臣表彰を受賞。1...(続きを読む)

    2月4日号

  • 絵で相沢川をきれいに

    さくら小児童

    絵で相沢川をきれいに コミュニティ社会

    地域の橋に生き物描く

     瀬谷さくら小学校(池田千晶校長)の6年1組の児童たちが1月26日と29日、地域住民に相沢川の生き物を大切にしてもらおうと、下瀬谷人道橋にオリジナルの...(続きを読む)

    2月4日号

  • 35年ぶりの300件台に

    20年区内交通事故

    35年ぶりの300件台に 社会

    コロナ禍の外出自粛で減

     2020年に瀬谷区内で発生した交通事故が364件で、35年ぶりに300件台に抑えられたことがこのほど、瀬谷警察署への取材で分かった。同署はコロナ禍の...(続きを読む)

    1月28日号

  • 「感染予防の徹底を」

    福祉保健センター長

    「感染予防の徹底を」 社会

    緊急事態中の暮らし語る

     新型コロナウイルスの感染拡大に伴い1月7日、神奈川県を含む1都3県に緊急事態宣言が発令された。発令を受けて当編集室では、福祉事務所と保健所の機能を併...(続きを読む)

    1月28日号

  • スーパーで初の弁当販売

    区商連デリバリー

    スーパーで初の弁当販売 社会

    飲食店と区民の懸け橋に

     瀬谷区内の企業や店舗向けに、飲食店の弁当をデリバリーする「せーやーいーつ」が1月18日、ロピア瀬谷橋戸店で弁当販売を開始した。区内スーパーでの弁当販...(続きを読む)

    1月21日号

  • 市内に特設交付拠点

    マイナンバーカード

    市内に特設交付拠点 社会

    市、21年度に向け検討

     国が2022年度末までにほぼ全ての国民に行き渡らせようとしているマイナンバーカード※について、横浜市は21年度以降、交付を担う拠点を市内4カ所に設け...(続きを読む)

    1月21日号

  • 前年から半減

    特殊詐欺20年認知件数

    前年から半減 社会

    被害額は3分の1に

     2020年の瀬谷警察署管内の特殊詐欺の認知件数が33件、被害額が約4397万円だったことが分かった。過去最多だった19年から被害件数・金額ともに半分以下となり...(続きを読む)

    1月14日号

  • 市、15日に受付窓口開設

    障害者手帳カード化導入

    市、15日に受付窓口開設 社会

    選択制、耐久性など向上へ

     横浜市では今年上半期中に障害者手帳をカード化※するため、1月15日に専用のコールセンターや郵送での受付窓口を開設する。市ではカード化により現状の手帳...(続きを読む)

    1月14日号

  • 「明るい希望持てる年に」

    森区長インタビュー

    「明るい希望持てる年に」 社会

    21年の取り組み語る

     タウンニュースでは新しい1年の始まりに合わせて、瀬谷区の森秀毅区長に新春インタビューを行った。森区長は、新型コロナウイルス感染症への対策から瀬谷駅南...(続きを読む)

    1月7日号

  • 児童にビデオで感謝伝え

    瀬谷さくら小学援隊

    児童にビデオで感謝伝え コミュニティ社会

    手品や演奏を披露

     瀬谷さくら小学校(池田千晶校長)の児童の登下校を見守る地域住民グループ「学援隊」(馬場勝己代表)が12月17日から1月にかけて、手品やハンドベル演奏...(続きを読む)

    1月7日号

  • 「スマート農業」を体験

    自動追従のロボットを活用

    「スマート農業」を体験 社会

    上瀬谷地区の農家ら

     跡地利用の検討が進む旧上瀬谷通信施設の畑で12月16日、AIやICT(情報通信技術)を活かした「スマート農業」の活用体験会が開催された。同地区の農家...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「コロナ対策、最優先に」

    林市長インタビュー

    「コロナ対策、最優先に」 社会

    IR誘致は継続へ

     本紙では新年の幕開けにあたり、林文子市長にインタビューを行った。市長は新型コロナウイルス感染症対策に最優先に取り組む姿勢をみせつつ、横浜の成長を見据え市民、事...(続きを読む)

    1月1日号

  • 大槌町の鮭で児童に笑顔

    NPO法人瀬谷丸

    大槌町の鮭で児童に笑顔 社会

    小学校の給食に600食贈る

     東日本大震災で被災した人や地域に対して復興支援を続けるNPO法人瀬谷丸(露木晴雄代表)が12月10日、被災地の一つである岩手県大槌町で獲れた鮭600...(続きを読む)

    12月24日号

  • ドクターカーの導入進む

    救急医療

    ドクターカーの導入進む 社会

    高齢化で需要増加

     119番通報を受け、救急現場に医師や看護師を派遣する「ドクターカー」の配備が横浜市内で進んでいる。3年前に導入した横浜医療センター=戸塚区=や市民総合医療セン...(続きを読む)

    12月24日号

  • 13品、8店舗を追加認定

    瀬谷の逸品

    13品、8店舗を追加認定 経済

    7年ぶりの更新

     魅力的な食べ物や飲食店が選ばれる「瀬谷の逸品」に、新たに13品・8店舗が認定された。2013年度以来7年ぶりの追加で、12月9日に瀬谷区役所で認定式...(続きを読む)

    12月17日号

  • 住民の健康法、一冊に

    瀬谷第一地区

    住民の健康法、一冊に 社会

    30代から100歳超まで網羅

     瀬谷第一地区連合町内会や地区社会福祉協議会などで構成されている瀬谷第一地区健康推進委員会(横山正之委員長)がこのほど、住民77人のオリジナルの健康法をまとめた...(続きを読む)

    12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook