泉区版 掲載号:2011年3月3日号
  • googleplus
  • LINE

彩り豊か、吊るし雛

文化

吊るし雛アートの作品(天王森泉公園)
吊るし雛アートの作品(天王森泉公園)

 製糸工場の本館を復元した古民家風の建物がある天王森泉公園(和泉町300)で、上飯田町の吊るし雛アート代表、長島喜代子さんらボランティアが製作した、吊るし雛の展示会が3月21日(祝)まで開催中。例年7000人以上が訪れる展示会には、千葉県から団体で見学に来る人もいる。

 3月6日(日)と11日(金)は体験講習会を実施。時間は各日10時と13時の2回で定員制。講習費無料、教材費実費で、吊るし雛づくりの協力者も歓迎という。

■展示時間/10〜16時 問合せ【携帯電話】090・4751・9650長島代表

 和泉川「わいずみ橋」近くの横山ツヤさん(86歳)は1人で1000個以上の吊るし雛を作り続ける。

 幼少の頃のお手玉に始まり、人形作りが好きな横山さんは、吊るし雛で有名な伊豆・稲取を訪れた6年ほど前から、娘さんが撮ったビデオや本を見ながら鳥や魚、うさぎなどの作り方を覚えた。「大好き」という舟木一夫さんの曲を聞きながら、年300個ペースで人形を作っている。

 人形が話しているように見せる芸「腹話術」を行うなど横山さんは趣味多彩。過去にはJA横浜の総会などに招かれ、優勝したこともある腕前の持ち主だ。今でも老人会で披露することがあるという。

■横山さん宅/和泉町7595 問合せ【電話】045・301・2056
 

1人で1000個以上作った横山さん
1人で1000個以上作った横山さん

泉区版のローカルニュース最新6件

3/13家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク