泉区版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

泉区長に5月1日付で就任した 高橋 和也さん 区内在住 58歳

区政にスパイス加える

 ○…横浜は開港150周年を迎えたが、泉区には鎌倉文化からの歴史や奈良時代から記録があり「歴史に彩られた街」と分析する。鉄道2本や環状4号線の開通、長後街道の拡充など、街の変遷を区民として見てきた。「大都市だけどふるさとがある」、「古きと新しきが調和し、水や緑が豊かな田園風景のある泉区が大好き」、「これだけ大きく姿を変えたところは泉区だけでは」などと話す言葉は区民ならではだ。

 ○…京都で生まれ、父の仕事の関係で「魚がおいしくて、砂浜がきれいな海水浴場があった」瀬戸内海の神島(こうのしま・岡山県笠岡市)で育った。横浜国大工学部建築学科で都市計画について学び、市では建築職として活躍する。最初は、都市開発局の新本牧開発担当に。戦後の香りが残る米軍住宅跡地は、流行の最先端、丸井が出店する街に変貌し、バブル期には特に注目を集めた。

 ○…みなとみらい地区の開発に3度からむなど、都心部の開発に多く携わったほか、建築局では阪神大震災を契機とした密集市街地の防災まちづくりなどに尽力してきた。区長としての意気込みは「まちづくり文化や福祉、子育てを含めた、総合的に泉区の力を高めたい」。そのためには「地域の力が必要」とし、区内12連合町内会から選ばれた泉区地区経営委員会と同地域協議会を両輪に、もっと進化させたいと目論む。

 ○…昨年度はAPEC・創造都市事業本部長として活躍。「アフリカンフェスティバルよこはま」を機にコフィ実行委員長から叩き方を教わったアフリカの太鼓「ジャンベ」のレッスンに通う。「あのリズムが体に染みついて」とハマっているようで、いつか区民に披露をと促すと「初心者ですから」と笑う。ジャンルを問わず食べ歩きも好み、区内のあの店はと話すと大概、答えが返ってくる。区制25周年を迎えるまちに「趣味は泉区」と話す区長が、素敵なスパイスを加えそうだ。
 

泉区版の人物風土記最新6件

小田 眞知子さん

区リハビリテーション連絡会で代表として地域で医療・介護を支える

小田 眞知子さん

3月8日号

和田 久光さん

いずみ桜の苗を育てて中和田南小に寄贈した

和田 久光さん

3月1日号

渋谷 登志子さん

絵手紙サークルの講師を務め、カリグラファーとして手書きの良さを伝える

渋谷 登志子さん

2月22日号

遠藤 瑞行さん

スポーツ推進委員として25年地域で活動する

遠藤 瑞行さん

2月8日号

杉山 金夫さん

自作の昔遊び道具で子どもたちに遊びを教える

杉山 金夫さん

2月1日号

小山 正子さん

上飯田地区センターで味噌づくり教室の講師を務める

小山 正子さん

1月25日号

3/13家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク