泉区版 掲載号:2011年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

宮城・女川でコンテナを利用したカフェ設立・運営のアドバイスを行う 伊藤 登志子さん ふれあいショップサニー店長 66歳

元気のもとは「人」

 ○…東日本大震災の津波により建物の7割に被害が出た宮城・女川町で10月初旬、コミュニティカフェ設立・運営のアドバイスをしてきた。地元の30〜70歳代女性6名が中心となり、将来的に健常者と障害者がともに働くカフェの設立を目指すも、経営実績はなく、町の支援も期待できず、あるのは貨物列車のようなコンテナ1つ。「ノウハウを知りたい」と招かれたが、水道やガスもない状態では本格的なカフェ設立はまだ無理と判断。地元住民が集まれる場所づくりを優先し、手づくり暖簾を入口に作り、みんなで持ち寄った食事をインスタントコーヒーで楽しむことを提案した。「そこまでしか言えなかった」とため息交じりに話す。

 ○…震災後に訪問した石巻では、授産施設にあった津波で流されなかった、ひじきやわかめなどの海産物をスーパー等で開催している町村おこしイベントに出店すべきとアドバイス。現地の人のモチベーションが徐々に下がっていくのを目の当たりにし、「できることからやろう」とその方法を模索する。少しでもお金になればと金華さばの缶詰30個などを持ち帰ったところ、泉区カラオケ協会の相原孝司会長が売ってくれた。「もっとほしい」と言っていたことを石巻の人に伝えると涙ぐんだという。

 ○…平塚の金物卸「中屋」で育った4人兄弟の末っ子で、結婚を機に港南区へ。泉区総合庁舎1階の健常者と知的障害者がともに働く喫茶店、ふれあいショップサニー(センター事業団)で店長を務め15年経つが、今の仕事が「私の仕事の集大成」という。障害者も接客や発注、弁当売り、簡単な計算をこなしており、これまでに数人が巣立ち、白血病の症状が改善された子もいる。座右の銘は「我も良し、人も良し」。いつも明るく元気な秘訣は「人が大好き。どんな人も。それだけ」と答える。60で他界した夫に、たくさんの話ができるように人生を送りたい、これが根本にある。
 

泉区版の人物風土記最新6件

小田 眞知子さん

区リハビリテーション連絡会で代表として地域で医療・介護を支える

小田 眞知子さん

3月8日号

和田 久光さん

いずみ桜の苗を育てて中和田南小に寄贈した

和田 久光さん

3月1日号

渋谷 登志子さん

絵手紙サークルの講師を務め、カリグラファーとして手書きの良さを伝える

渋谷 登志子さん

2月22日号

遠藤 瑞行さん

スポーツ推進委員として25年地域で活動する

遠藤 瑞行さん

2月8日号

杉山 金夫さん

自作の昔遊び道具で子どもたちに遊びを教える

杉山 金夫さん

2月1日号

小山 正子さん

上飯田地区センターで味噌づくり教室の講師を務める

小山 正子さん

1月25日号

3/13家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク