泉区版 掲載号:2012年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

ズーラシア 「バリーバ」一般公開 ホッキョクグマ繁殖めざす

社会

泳ぐ練習をするバリーバ(ズーラシア提供)
泳ぐ練習をするバリーバ(ズーラシア提供)

 昨秋、よこはま動物園ズーラシア(旭区)に仲間入りしたメスのホッキョクグマ「バリーバ」が、1月2日から一般公開された。

 バリーバは人工哺育で育ったホッキョクグマとして知られるピースの母親。愛媛県立とべ動物園で飼育されていたが、繁殖相手がいない状態だった。一方、ズーラシアでは昨年5月末にメスのチロがなくなって以来、オスのジャンブイ1頭のみの飼育となっていた。

 バリーバとジャンブイは、現在は曜日をずらして1頭ずつ展示されているが、2頭は既に柵越しで顔合わせ済み。ジャンブイは興味を示しているが、バリーバが威嚇している状態という。繁殖期の2月ごろから2頭一緒の展示を予定している。

 同園では1月30日までバリーバのパネル展も開催している。バリーバが見られるのは月・木・土・祝、ジャンブイは日・水・金。
 

泉区版のローカルニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク