泉区版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

ちびっこ駅伝 和泉小6年男子が初V 6年女子は準優勝

スポーツ

優勝、準優勝を喜ぶ選手たち(写真・和泉小提供)
優勝、準優勝を喜ぶ選手たち(写真・和泉小提供)

 日産スタジアム(港北区)で3月10日に行われた「第21回よこはま国際ちびっこ駅伝」で、和泉小学校6年生が大活躍。男子Aチームが初優勝を果たし、女子Aチームも準優勝となった。

 4区間、6・33キロで競われた同駅伝に小学4〜6年生、923チーム3692人が参加。雨で低温と条件が悪い中ではあったが、熱戦を繰り広げた。

 20分50秒で2位に37秒差をつけて優勝した6年男子Aチームのメンバーは武原龍之介、矢野陽大、佐々木翼、田屋芳樹の4人。1区でエース武原が3位につけると、2区矢野が2人を抜いてトップに、3区佐々木がリードを保ち、4区田屋がそのままゴールした。

 顧問の工藤雅彦教諭は教え子たちの活躍に「すごくうれしかった。今年の子は優勝を特に狙えると思い、大会前から目指していた。1位で帰ってくる姿を見て感動した」と喜んだ。

 同小陸上クラブは工藤教諭が赴任した6年前に誕生し、11年度は92人が所属。工藤教諭ら4人の教諭指導のもと、月、水、金の早朝をメーンに春から夏は短距離や幅跳び、秋から冬はマラソンや駅伝の練習を行ってきた。

 同駅伝には創設当初から参加。小学生の駅伝は区間により異なるが概ね1・5キロ〜2・5キロのため、校庭に1週270mのコースをつくり、約8週走る練習をこなしてきた。

 準優勝した6年女子Aチームのメンバーは佐々木優奈、大辻ゆう、芳賀礼奈、後藤遥の4人。

 工藤教諭は「校内でもレギュラー争いがあり、Bチームも今年は概ね20位以内に入った。チームがレベルアップしていて、今後も楽しみ」と、新年度のチームにも期待した。
 

泉区版のトップニュース最新6件

市民の入会呼びかけ

いずみ歌舞伎保存会

市民の入会呼びかけ

2月15日号

中田の看板お色直し

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

「宮ノ前テラス」に助成決まる

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

コール曙が30周年

女声コーラス

コール曙が30周年

2月1日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク