泉区版 掲載号:2012年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

戸塚崎陽軒10周年記念 香港、イタリア 本場の味を再現 「嘉宮」と「イルサッジオ」が饗宴

香港料理コース(右)と南イタリア料理コース(下)
香港料理コース(右)と南イタリア料理コース(下)

 戸塚崎陽軒が開店10周年記念として、中国料理「嘉宮」とイタリア料理「イルサッジオ」のそれぞれの料理の持ち味を知ってもらう「饗宴レストラン」を6月30日(土)まで開催している。

 嘉宮は香港料理を再現。鈴木祥崇(よしたか)料理長によると、同料理は多文化が入り混じった中国料理の最先端を行く料理。海鮮を上手に使うのが特徴で、日本人の口にもよく合うという。

 料理は8品。きのこ類など7種の乾物とフカヒレを使った蒸しスープは、滋養強壮効果があり、夏への備えとして鈴木料理長おすすめの一品。天然蝦夷アイナメには、玉ねぎや酒かすなど様々な材料を使い作った自慢のチリソースを添えた。香港で有名な牛乳プリンには、燕の巣ソースをかけて高級感を演出。甘さ控えめであっさりとした味わいだ。

 イルサッジオは、素材を生かした素朴な味付けが特徴の南イタリア料理を再現。イワシのオーブン焼きには、松の実やレーズンを入れ、風味を効かせた。天然海老を赤ピーマンとトマトで煮込んだマラテーア風は、「何ともいえない甘み」(大熊健広(たけひろ)料理長)。手作りコンポートとビアンコマンジャーレ(ブラマンジェ)で締めくくった8品。

 鈴木料理長は「香港そのままの味に仕上げました。ぜひこの機会に」。大熊料理長は「南イタリアの暖かい空気を表現しました。イタリア料理を知って」と話している。ともに一人5千円(2名〜、税込み、サ別)。期間中、本紙持参でワンドリンクサービス(8名まで)。
 

イルサッジオの大熊料理長(左)と嘉宮の鈴木料理長
イルサッジオの大熊料理長(左)と嘉宮の鈴木料理長

戸塚崎陽軒

横浜市戸塚区原宿4-37-1

TEL:045-851-6011

http://www.kiyoken.com/restaurant/totsuka/t_kakyu/index.html

泉区版のピックアップ(PR)最新6件

専任講師がスマホ教室

参加無料

専任講師がスマホ教室

2月8日号

若年の自殺対策考える

県司法書士会

若年の自殺対策考える

2月8日号

「家族信託」を学ぶ

ウスイホーム戸塚店

「家族信託」を学ぶ

2月1日号

駅前生活で充実「アクティブライフ」を

南万騎が原駅ほぼ“直結”

駅前生活で充実「アクティブライフ」を

1月25日号

「相続と不動産」の疑問やお悩みを一挙に解決

弁護士と相続診断士による

「相続と不動産」の疑問やお悩みを一挙に解決

1月25日号

「赤だし味噌・白味噌」登場

今年の冬は2種類の新作が大好評 らーめん花樂

「赤だし味噌・白味噌」登場

1月25日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク