泉区版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

泉消防団の四代目団長 飯島 孝夫さん 上飯田町在住 63歳

「いざ」という時のために

 ○…消防器具、積載車、可搬式小型動力ポンプ、人命救助用資機材等を扱い、火災発生時の消火活動、地震や風水害など大規模災害発生時の救助・救出活動、警戒巡視、避難誘導、災害防御活動等を行う。いざというとき役立つよう、器具の安全な操作ができるよう、訓練を重ねるほか、応急手当の普及指導、住宅の防火指導、特別警戒、広報活動等、地域の消防力・防災力向上や地域コミュニティ維持・振興における重要な役割を担う。9月2日には泉消防署から境川、下和泉、深谷通信隊方面を歩く隊署訓練を実施し、境川の水位観測カメラ確認、藤沢市側の消火栓操作体験、ロープ訓練等を予定している。

 ○…上飯田町の自宅から中和田小(5・6年)、中和田中へは自転車で通った。通学路は砂利道で、雨の日は特に大変だった。昭和40年代、県営いちょう団地ができる前は境川両岸に田畑が広がり、戦前そのままだったという。当時の川は蛇行していたため、大雨時などたびたび洪水となり、自宅農家の田んぼの土が流されるなどの被害に見舞われた。この頃に開通した、田んぼの中を走る東海道新幹線をよく眺めた。

 ○…16代目(祖父談)の農家では、春はトマトやきゅうり、秋は葉物をメーンに栽培。夏場も秋に向けての作付け準備などがあり、猛暑のなか朝夕などの時間帯を活用し、作業を行う。20代半ばで消防団に入り、中屋敷自治会の会長(3年目)も務めるなど、地元での活動も多い。

 ○…3月末に消防団の70歳定年制が採用され、四代目団長に。泉消防団は5分団17班、416人(4月1日現在)の団員がいるが、定年制でベテランが減り、団員の確保が課題だ。女性団員も34人活躍する。18歳以上で泉区内居住・勤務・在学であれば入団資格があるが、20〜30歳代の若い人が少ない。地域の絆が見直されている昨今、地域のために団員が集まる組織であればと考えている。
 

泉区版の人物風土記最新6件

遠藤 瑞行さん

スポーツ推進委員として25年地域で活動する

遠藤 瑞行さん

2月8日号

杉山 金夫さん

自作の昔遊び道具で子どもたちに遊びを教える

杉山 金夫さん

2月1日号

小山 正子さん

上飯田地区センターで味噌づくり教室の講師を務める

小山 正子さん

1月25日号

永田 文夫さん

新橋コミュニティハウスで教室を開く折り紙師範の

永田 文夫さん

1月11日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

西村 信子さん

障がいがある娘と共に歩む日々の記録映画が上映される

西村 信子さん

1月1日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク