泉区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

作文で伝える税の意義 領家中の2人が入賞

社会

 戸塚税務署管内(戸塚区、栄区、泉区)の中学生を対象とした「税についての作文」の表彰式が11月15日、戸塚区役所地域会議室で行われた。今年は3区内から1534点の応募があり、7人が入賞。式典出席者に賞状が手渡された。

 戸塚税務署長賞を受賞した竹内陸さん(上郷中3年)が作品「税金も捨てている」を朗読し、普段何気なく捨てているごみや被災地のガレキ処理費用に税金が使われていることについて紹介。一人ひとりがごみを減らす努力をすることで税を有意義に使えるようになるとし、「これ以上税金を焼却炉に投げ捨てるのはやめましょう」と訴えた。

 入賞者は以下の通り(敬称略)。戸塚税務署長賞/竹内陸(上郷中3年)・柳美帆(領家中3年)、戸塚県税事務所長賞/澁井紅奈(桂台中3年)、戸塚区長賞/大塚莉帆(秋葉中3年)、栄区長賞/武者なつ美(小山台中3年)、泉区長賞/小野愛実(領家中3年)、戸塚納税貯蓄組合連合会長賞/野辺歩夢(上郷中3年)

泉区版のローカルニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク