泉区版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

「ヨコハマ横恋慕」でデビューした「はやぶさ」のメンバー ヒカルさん 横浜市在住 25歳

忙しくても幸せな毎日

 ○…♪潮の香りの埠頭に立てば ランドマークの灯りがゆれる―「ヨコハマ横恋慕」でデビューした平均年齢21歳の3人組「はやぶさ」のセンター・ボーカルを務める。2月のデビューからレコチョク「着うた」演歌歌謡曲チャートで1位を獲得するなど、順調なスタートを切った長良プロダクションの注目株だ。

 ○…曲の途中から突然振り付けのパートが入るなど『新世代歌謡グループ』といわれ、新たなムード歌謡のジャンルを確立しようとしている。プロモーションに飛び回る忙しい毎日。「地元横浜の楽曲でデビューさせていただき、自分にとっては幸運でした。歌うことが楽しくて仕方がない。毎日反省の連続ですが、少しでもうまく歌えるようになって、何か新しいものを生み出していきたい」。取材地の桜木町駅前では、熱心なファンがライブに集まり、歌にあわせて一緒に踊っていた。

 ○…横浜生まれの横浜育ち。3歳から演歌に目覚め、カラオケ教室に通い大会に出場。小学生になると、おこづかいで演歌のカセットテープを買った。中学生になると『昼カラ』の常連となり、気が付けば歌仲間のおじさま、おばさまたちと時間を過ごす毎日。高校に入るとコンテストの優勝常連者となるが、その先につながらない。自然とプロへの憧れを抱くようになったのは、この頃だった。

 ○…卒業後は、バイトをしながらレッスンに励むように。介護ヘルパーとして働いた施設では、レクリエーションの時間に高齢者と一緒に歌った。「皆さんに喜んでもらえるのが嬉しかった。認知症の方でも歌えるようになる。歌の力はすごいなと思った」。その後、「ダメもとで送った」というデモテープが今の事務所に認められ、晴れてデビューを果たした。「はやぶさとして横浜を舞台にしたデビュー曲『ヨコハマ横恋慕』を歌えることが本当に幸せです」。今後の活躍が楽しみだ。
 

泉区版の人物風土記最新6件

遠藤 瑞行さん

スポーツ推進委員として25年地域で活動する

遠藤 瑞行さん

2月8日号

杉山 金夫さん

自作の昔遊び道具で子どもたちに遊びを教える

杉山 金夫さん

2月1日号

小山 正子さん

上飯田地区センターで味噌づくり教室の講師を務める

小山 正子さん

1月25日号

永田 文夫さん

新橋コミュニティハウスで教室を開く折り紙師範の

永田 文夫さん

1月11日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

西村 信子さん

障がいがある娘と共に歩む日々の記録映画が上映される

西村 信子さん

1月1日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク