泉区版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

命なが餅を配布 信号機をイメージ

社会

恒例の雑煮で暖を取った
恒例の雑煮で暖を取った

 泉交通安全協会(内藤力行会長)と泉警察署(志田勇太郎署長)、泉区交通安全対策協議会(会長・高橋和也泉区長)は12月7日、立場駅周辺で「命なが餅」を配布し、交通事故防止を呼びかけた。

 「交通事故に遭わずに長生きできますように」という思いで、平成5年から続いているイベントは今年で20回を数える。

 主催者は泉警察署で前日から準備を行い、当日朝から餅つきを実施。メンバーが慣れた手つきで連携をとりながら300セット(900個)の餅を作り上げた。

 餅は信号機をイメージした赤、黄、青(緑)の三色で交通事故防止、長生きのほか、「信号を守ろう」という意味が込められた。
 

泉区版のローカルニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク