泉区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

ズーラシア 「サバンナ」4月公開 動物とのふれあい重視へ

先行公開されるアフリカンヴィレッジ
先行公開されるアフリカンヴィレッジ

 よこはま動物園ズーラシア=旭区=で現在整備中の新エリア「アフリカのサバンナ」が、4月19日に一部公開される。

 今回、先行オープンするのは、既存の「アフリカの熱帯雨林」の奥に位置する約1・6haの「ふれあいエリア」と「疎林エリア」の2エリア。オナガザルの一種・アビシニアコロブスや鳥類など21種242点の展示を予定している。

 先行公開エリア内では同園初となるショーを行う「バードショー広場」を設置。調教された鳥が飛びまわる姿を間近で見ることができる。また、ラクダに乗れる「ラクダライド」や牧畜民族の集落を再現し、ピグミーゴートと触れ合える「アフリカンヴィレッジ」などがあり、今まで同園になかった「ふれあい」を重視したエリアとなっている。

 全面オープンは来秋以降を予定しており、草原、湿地、コピエ(岩場)の3エリアが新設され、全体で約4・6haとなる。草原エリアでは、キリンやシマウマ、チーターなど肉食・草食動物が混在した状態で展示されるという。アフリカのサバンナが全面開園すると、園全体の敷地面積は約53haとなり、日本最大級になる見込みだという。

 今回の先行開園時期の決定は、6月に横浜で開催される第5回アフリカ開発会議も考慮されており、開催に合わせてイベントなども企画していくという。

開園式に市民招待

 市では4月19日に行われる開園式典に市民100人を無料招待する。希望者は2月15日〜28日に、往復はがきに住所、氏名、電話番号、希望人数(2人まで)を記載し、〒231-0017中区港町1の1横浜市環境創造局動物園課まで。詳細は同課【電話】045・671・4124へ。
 

暑中お見舞い申し上げます

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

中田地区学童保育所運営委員会

横浜市泉区の中田地区で5カ所の学童保育を運営しています

http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/10kodomo/03gakkou/houkagozidoukurabu.html

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク