泉区版 掲載号:2013年4月25日号
  • googleplus
  • LINE

4月から泉区長に就任した 下村直(ただし)さん 横須賀市在住 56歳

泉の魅力に可能性感じ

 ○…区役所のすぐ側を和泉川が流れ、区長室の窓からは丹沢山地を望むという自然を身近に感じる環境で、「気分一新の生活が始まる」と笑顔を見せる。「人情がある。人々が地域のことを思っているのが伝わってくる」と、泉区民の魅力を早くも感じ取ったようだ。昔から住んでいる人と、新たな「ふるさと」として住み始めた人との調和が取れていて、町全体が良い方向に向いていると、区の今後に期待する様子が伺えた。

 ○…出身は徳島県。高校時代は部活動で人形浄瑠璃に取り組んだ。このことを話すと驚かれるといい、「地元の伝統芸能が今でも若い世代によって受け継がれて行く土壌がある」と嬉しそうに話す。大学では土木・建築を学び、都市計画の分野を専攻。研究室の教授に、学んだことを生かせるのが首都圏で、「君には横浜が良いのでは」と勧められ、横浜市役所に就職した。

 ○…1981年に横浜市役所入庁。企画調整局(当時)でみなとみらい地区や港湾開発、市道環状2号線、象の鼻パーク整備等に携わった。「自分が関わった町が、賑わっている様子が見られて幸せ」と仕事の醍醐味を噛み締める。2年前の東日本大震災では、横浜港の潮位が上がるという事態を目の当たりにし、防災を始め、向き合うべき課題があると改めて感じた。

 ○…休日は家族とともに芸術鑑賞やコンサート、スポーツ観戦を楽しむ。首都圏の良いところは、そういった場が多く「生に触れられること」。幼少の頃は、テレビや新聞は白黒で見るのが普通だった。父にねだって大阪球場でナイターを見たときの、鮮やかなカクテル光線が目に焼き付いている。横浜にも、その土地ならではの個性があるので、泉区の子どもたちには地域の良さを感じ、存分に可能性を広げていってほしいと実感を込める。いずみ歌舞伎や岡津太鼓など「区独自の伝統文化が今後さらに発展していけば」と近い将来を見据えた。

暑中お見舞い申し上げます

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

中田地区学童保育所運営委員会

横浜市泉区の中田地区で5カ所の学童保育を運営しています

http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/10kodomo/03gakkou/houkagozidoukurabu.html

<PR>

泉区版の人物風土記最新6件

大瀧 五郎さん

泉区シニアクラブ連合会会長に就任した

大瀧 五郎さん

7月26日号

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

7月19日号

高橋 裕子さん

NPO法人「宮ノマエストロ」代表を務める

高橋 裕子さん

7月12日号

四元 良一さん

横浜泉ロータリークラブの会長に就任した

四元 良一さん

7月5日号

服部 大祐さん

先月開業した「ジョイナステラス二俣川」の支配人を務める

服部 大祐さん

6月7日号

穴澤 百合子さん

低糖質のお菓子づくりに取り組む

穴澤 百合子さん

5月17日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク