泉区版 掲載号:2013年8月22日号
  • googleplus
  • LINE

公立学校校舎 “耐震性ない”が149棟 市「15年度までに対応」

社会

 文科省が8月7日に発表した2013年度の公立学校施設の耐震改修状況調査結果(4月1日現在)によると、横浜市の公立学校耐震化率は93・3%と、全国平均の88・9%より4・4ポイント高いことがわかった。一方、未確認も含め「耐震性がない」とされる校舎が149棟残っており、市は文科省の掲げる目標通り15年度の完了に向け耐震化を急ぐ。

 公立学校施設の耐震調査は、全国の公立学校(幼稚園、小中高、特別支援学校等)を対象に、02年から文科省が学校耐震化の推進を目的に行っているもの。これにともない、市でも対策強化を進めている。

 調査結果によると、市内の全公立学校512校で、耐震化が必要とされる1981年以前の校舎等は1298棟。そのうち、耐震性がある又は補強済みの棟数は1149で、耐震化率は93・3%。昨年より3・6ポイント増加した。

 一方、診断の未実施で確認されていない建物も含め、「耐震性がない」とされる校舎は149棟で、全国で7番目の多さだ。整備は学校ごとではなく、延床面積などの大規模な校舎から順に行っており、現在は中小規模以下を改修中。残る149棟の内訳は港南区の17棟が最も多く、戸塚区と港北区が15棟でこれに続く。

 残棟数について市教委教育施設課は、「全体の棟数の違いからくるもの」と説明。市の全棟数は、同じ政令市の川崎市と比べても約4倍あり、予算的な問題など、日本最大の「市」であることが早期の完了に待ったをかけている形だ。

 今年度、市が学校耐震化に計上した予算は約21億円。市教委は「進捗は予定どおりだが、震災以降、市民からの要望の声は増えた。できる限り早急に対応していきたい」と話す。

つり天井は点検終了

 また、東日本大震災発生時に落下の目立ったつり天井についても調査が実施され、市内には体育館など108棟に設置があった。市教委によると、「全て点検は終了済み。すぐに落下の危険性はない」と話す。

 今年度市は、この対策に約3億円の予算を計上。つり天井は原則撤去予定だが、音楽ホールなど音響に配慮する施設については再設置も検討する。年度内に撤去工事に着手する方向で、15年度の完了を目指す。

暑中お見舞い申し上げます

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

中田地区学童保育所運営委員会

横浜市泉区の中田地区で5カ所の学童保育を運営しています

http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/10kodomo/03gakkou/houkagozidoukurabu.html

<PR>

泉区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

四季の会が活動30年目へ

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

来年4月から1年休館

泉公会堂

来年4月から1年休館

7月19日号

「10月頃まで油断禁物」

熱中症

「10月頃まで油断禁物」

7月12日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク