泉区版 掲載号:2013年9月19日号
  • googleplus
  • LINE

いずみ歌舞伎 野崎村など上演 公会堂で10月19日と20日

文化

写真は昨年の公演
写真は昨年の公演
 区民手作りの本格歌舞伎を上演する「いずみ歌舞伎」の第18回公演が10月19日(土)と20日(日)、泉公会堂で開催される。演目は「新版歌祭文(しんばんうたざいもん) 野崎村(のざきむら)」と「曽我綉侠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ)(御所五郎蔵(ごしょのごろうぞう))」で、両日とも午後12時30分開場、1時開演。

 大正から昭和の初めに現在の泉区で活躍した「市川花十郎一座」の功績を受け継ごうと、区制10周年(1996年)記念事業の一環で旗揚げされた同歌舞伎。区民が運営し、同歌舞伎の保存や継承、普及のために同公演を毎年行うほか、小学校で歌舞伎指導などの活動を続けている。

 お染久松ものの代表作といわれる「野崎村」は8年ぶりの公演で義太夫(歌舞伎の語りと三味線)が入る。七五調のわたり台詞が一番の見どころという「御所五郎蔵」は10年ぶりの再演で、新人役者も演じる。

 同歌舞伎保存会馬場勝己会長は「配役が変わっていて、稽古は一から始めているので、以前とは違った目で見てもらえれば」と話しており、公演の鑑賞を呼びかけている。

 チケットは1300円で全席自由。区役所1階売店、泉公会堂、区内各地区センターで発売中。同公演の問い合わせは、馬場会長【携帯電話】090・4391・7506。

公演を前に

 同歌舞伎の公開ワークショップ「義太夫を知ろう」が9月21日(土)、区役所1階ホールで開催される。義太夫の鑑賞、解説、聞きどころがわかるもので、時間は午後1時〜3時。

 公演で使う衣裳・小道具展も同所で10月7日(月)〜10日(木)に行われる。プロの指導を受けて作られた豪華絢爛な衣裳を間近で見られる。時間は午前9時〜午後5時(7日は午後1時から、10日は午後4時まで)。

暑中お見舞い申し上げます

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

中田地区学童保育所運営委員会

横浜市泉区の中田地区で5カ所の学童保育を運営しています

http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/10kodomo/03gakkou/houkagozidoukurabu.html

<PR>

泉区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

四季の会が活動30年目へ

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

来年4月から1年休館

泉公会堂

来年4月から1年休館

7月19日号

「10月頃まで油断禁物」

熱中症

「10月頃まで油断禁物」

7月12日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク