泉区版 掲載号:2013年11月14日号
  • googleplus
  • LINE

16㎜フィルムの映画上映会「フォンテ・シネマ・クラブ」の代表を務める 柳沢 泰彦さん 旭区在住 54歳

映画への思いを形に

 ○…泉区民文化センター(テアトルフォンテ)で11月25日(月)に始まる「フォンテ・シネマ・クラブ」の代表。会員制の上映会で、特徴は「16㎜フィルムでの上映」だ。見たかった作品、思い出の名作映画をフィルムで味わってもらい、会員に映画を楽しんでもらえたらと企画した。「デジタル上映が主流になる中で16㎜フィルムの入手は難しくなっている」と話すも、映画への思いが自身を動かす。

 ○…旭区出身。高校3年のときに映画と「出会ってしまった」。第1回ぴあ展(現ぴあフィルムフェスティバル)で若い才能を目の当たりにし、大学で映画研究会に入った。映画に浸る生活は4年間で終わると考えていたが、大学1年のときに公開された「未知との遭遇」「スターウォーズ」という2作品に心を奪われた。「この数年で映画の大きな流れに乗り、気づけばここまで来てしまった」と笑う。都内の名画座に通い、8㎜フィルムで映画を撮る日々が続いた。

 〇…大学卒業後、TV番組制作会社や大泉撮影所を経て、25歳のとき大手出版社に籍を置くフリーの編集者となる。様々な書籍を編集する間、同世代のクリエイターが活躍する様子を見て「映画を撮りたい」という気持ちが増した。1999年にVシネマを1本撮ると、北海道のゆうばり国際ファンタスティック映画祭に出品。その後もスタッフとして参加し、現在も出品を続ける。「映画業界で働くことは大変。それでも映画が好きという気持ちがあるから続けられる。皆、いい作品を撮り、いい作品に関わりたい気持ちは共通項」と笑顔で話しながら、言葉の端々に映画への思いをにじませる。

 〇…映画一筋だったが、最近は演劇にも足を運び「脚本に注目する。演劇は未知数」と新たな魅力にはまった様子。フォンテ周辺はほどよく田舎の雰囲気があり「映画祭に適した土地」といい、新たな映画祭の可能性も探っていく。

暑中お見舞い申し上げます

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

中田地区学童保育所運営委員会

横浜市泉区の中田地区で5カ所の学童保育を運営しています

http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/10kodomo/03gakkou/houkagozidoukurabu.html

<PR>

泉区版の人物風土記最新6件

大瀧 五郎さん

泉区シニアクラブ連合会会長に就任した

大瀧 五郎さん

7月26日号

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

7月19日号

高橋 裕子さん

NPO法人「宮ノマエストロ」代表を務める

高橋 裕子さん

7月12日号

四元 良一さん

横浜泉ロータリークラブの会長に就任した

四元 良一さん

7月5日号

服部 大祐さん

先月開業した「ジョイナステラス二俣川」の支配人を務める

服部 大祐さん

6月7日号

穴澤 百合子さん

低糖質のお菓子づくりに取り組む

穴澤 百合子さん

5月17日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク