泉区版 掲載号:2013年11月28日号
  • googleplus
  • LINE

いずみ野ミニバス 20年ぶりに関東へ 県大会3位で出場権

同チームの選手とコーチ
同チームの選手とコーチ
 寒川総合体育館等で10月20日〜11月3日に行われた「ミズノカップ第35回神奈川県ミニバスケットボール秋季大会兼関東ミニバスケットボール大会神奈川県予選」で、いずみ野ミニバスケットボールクラブが男子の部で3位入賞を果たし、20年ぶり2回目の関東大会出場を決めた。

 県内各地区の予選を勝ち抜いた24チームが出場した同大会。同クラブは1回戦でフリーズ(横須賀)を57対33で下すと、2回戦で平塚北、3回戦で柿生(川崎)に勝利した。

 柿生戦は途中までリードを許していたが、最終の第4クオーターで逆転に成功。40対41で接戦を制し、準決勝に進出した。キャプテンの榊颯太君(新橋小6年)は「相手は特徴的な守りをするチーム。普段から想定した対策をしてきた。その成果が出たと思う」と勝因をあげた。

 準決勝の六ッ川(横浜)戦は26対35で敗れたが、ベスト3入りを果たし、12月21日(土)〜23日(月)に平塚市と藤沢市で行われる関東大会の出場権を獲得した。

 同クラブはいずみ野、新橋、阿久和(瀬谷区)の3小学校から1〜6年生児童30人が集まり、週4日の練習に励んでいる。関東大会は1993年以来の出場となるが、当時のチームでプレーしていたのが田中雄コーチ(33)で、同じくチームOBの中島主税コーチ(22)らとともに指導にあたっている。

 同クラブは今春の横浜西部地区大会で優勝したが、その後の大会では結果が振るわず悔しい思いをしたといい、「その頃から選手たちの意識が変わり、しっかり集中して質の高い練習をするようになった」と中島コーチは分析している。

 関東大会では93年の大会でコーチが残した7位という成績を抜くことを選手たちは目標としており、榊君は「関東大会では周りも強くなっている。自分たちもレベルアップできるよう、うまい人たちと積極的に1対1の状況を練習していきたい」と力強く話した。

暑中お見舞い申し上げます

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

中田地区学童保育所運営委員会

横浜市泉区の中田地区で5カ所の学童保育を運営しています

http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/10kodomo/03gakkou/houkagozidoukurabu.html

<PR>

泉区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

四季の会が活動30年目へ

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

来年4月から1年休館

泉公会堂

来年4月から1年休館

7月19日号

「10月頃まで油断禁物」

熱中症

「10月頃まで油断禁物」

7月12日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク