泉区版 掲載号:2013年12月5日号
  • googleplus
  • LINE

「Yours(ユアーズ)Garden(ガーデン)」で収穫体験などを行う(よこはま・ゆめ・ファーマー) 門倉 麻紀子さん 戸塚区名瀬町在住

土に触れる喜び 伝えたい

 ○…約1万9000平方メートルの敷地を持つ門倉農園で、収穫体験や食育教育を行える場「ユアーズガーデン」(戸塚区名瀬町)を2006年に開設。「家庭菜園の延長。本当に土に触れるのが楽しくてやっている。まだまだ勉強中」と繰り返す。園内には30種類以上の果物と野菜が育つ。開設以来、来場者が四季を通じて旬の果物を味わえるように種類を増やすなど、日々研究や改良を重ねている。「自然の中で旬のものを食べるとリフレッシュするし、土に触れるとのんびりできる―」。信念の裏には、幼少期の体験が原点となっている。

 ○…北海道の旭川出身。幼いころから自宅の庭で土に触れることが当たり前で大好きな時間でもあった。小学1年生で都内へ越してからはマンション暮らしに。そんな中でも家族で栗拾いや牧場に行くのが大好きだったという。社会人となり客室乗務員として5年間勤務した後、結婚を機に名瀬町へ。当時、農園は徐々に規模や作物の種類を縮小しており、家族分の野菜などを作っていたという。それらを畑から持ち帰るうちに地域住民から声をかけられたことが、ガーデンを作るきっかけに。ブルーベリーやいちじく、いちご作りなど、挑戦の幅を広げてきた。投資したものの失敗し、落ち込む時もあるが「苦じゃない。休みがなくても楽しいからできる」と明るい。

 ○…息子と娘が1人ずついる。「私の作ったものは食べないんです。昔から庭や土がある生活も普通だからかな」と苦笑い。最近は、幼い子どもたちが遊ぶ公園にも自由がないことを悲しむ。「自然の中でいろいろなものを感じてほしい。のんびりする素晴らしさや、発見があるはず」

 ○…時代の変化に応じた果物の加工品やオリジナルスイーツづくりを模索中。「女性の視点を生かして何か作れたら」。1年に1つ、新しいことをすることが目標だ。「テンションも上がるし、情報も来る」。開拓地に無限の可能性と夢を抱く。

暑中お見舞い申し上げます

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

中田地区学童保育所運営委員会

横浜市泉区の中田地区で5カ所の学童保育を運営しています

http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/10kodomo/03gakkou/houkagozidoukurabu.html

<PR>

泉区版の人物風土記最新6件

大瀧 五郎さん

泉区シニアクラブ連合会会長に就任した

大瀧 五郎さん

7月26日号

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

7月19日号

高橋 裕子さん

NPO法人「宮ノマエストロ」代表を務める

高橋 裕子さん

7月12日号

四元 良一さん

横浜泉ロータリークラブの会長に就任した

四元 良一さん

7月5日号

服部 大祐さん

先月開業した「ジョイナステラス二俣川」の支配人を務める

服部 大祐さん

6月7日号

穴澤 百合子さん

低糖質のお菓子づくりに取り組む

穴澤 百合子さん

5月17日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク