泉区版 掲載号:2014年6月19日号 エリアトップへ

緑園地区 花で子どもを見守り 登下校時の安全確保へ

社会

掲載号:2014年6月19日号

  • LINE
  • hatena
鉢植え作業を行う児童ら
鉢植え作業を行う児童ら

 花を育てながら登下校中の児童を見守る「緑園子ども見守りプロジェクト」が同地区で始まり、緑園西小学校で6月12日、同校と緑園東小学校の3年生児童が地域関係者に鉢植えを贈呈するセレモニーが行われた。

 地域コミュニティの強化も目指していく同事業は、緑園地区活性化委員会(緑園連合自治会)が両校に通う児童が暮らす新橋、中川、名瀬(戸塚区)の各連合や神奈川県警、相鉄不動産、泉区、フェリス女学院大学らと連携し、「花で子どもを見守ろう」を合言葉に始めたもの。

 市内では青葉区で2013年度に始まり、区内では同地区が初となる。

 同地区では児童の通学路にある家庭や事業所等に、両校の3年生児童が植えた90個の鉢を置く。住民らが児童の登下校時間帯に水やりを行うことで、地域全体で子どもを見守ることができ、地域コミュニティの強化にもつながると、同委員会では考えた。

 セレモニーには同事業の関係者ら約230人が参加。長谷川幹夫委員長は同事業開始までの経緯など趣旨を説明し「心をこめて、みんなで育てて」と述べた。会場には県警マスコット「ピーガルくん」、相模鉄道マスコット「そうにゃん」、泉区キャラクター「いっずん」の3体が並び、児童らの注目を集めた。

 桃井陽子緑園西小学校長は「人との絆、つながりが求められる中、いただいた話で感動した。花植えにたくさんの人の思いが詰まっている」と、副島江理子緑園東小学校長は「見守りしてくれる町の人と言葉を交わし、児童同士の交流にもなる。花を通して心の触れ合う時間を」と話した。

 セレモニーでは両校3年生児童と地域関係者らが鉢植え作業(フラワーポット作成)をともに行い、マリーゴールドと日々草、ブルーサルビアの3種類の花が植えられた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

新商品で地元農家応援

緑園の洋菓子店

新商品で地元農家応援 社会

上瀬谷産の南米果実使用

9月23日号

「車の右左折、特に注意を」

秋の全国交通安全運動

「車の右左折、特に注意を」 社会

泉警察署・柴田署長に聞く

9月23日号

ロボコン全国舞台へ挑戦

中田中生徒有志

ロボコン全国舞台へ挑戦 社会

同校から2大会連続出場

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

コロナ下活動の助言講座

コロナ下活動の助言講座 社会

支援センターが主催

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook