泉区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

上半期泉消防署 建物火災など減少 原因は放火がトップ

社会

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

 泉消防署(有賀太重署長)はこのほど、2014年上半期の火災・救急件数を発表した=表参照。火災件数は15件で、昨年比で10件減少したものの、原因のトップは昨年に続き放火であり、署は注意を呼び掛けている。

 火災の種別では、昨年11件だった建物火災が5件、雑草火災は6件から3件で、いずれも半減した。

 火災の内訳でみると、出火原因では放火(疑い含む)が最も多い4件。調理中にその場を離れたため食物油が過熱引火した火災も2件起きている。

 区内では火災による死者が昨年に続き1人おり、電気ストーブが原因の火災で80歳代の高齢者が命を落とした。

 泉署の宇野登志子予防課長は「放火されない、させない環境づくりを呼びかけていきたい」と話している。

 なお、4月18日から6月15日までの59日間、泉区内無火災の記録が生まれた。

救急件数は右肩上がり

 区内の上半期救急件数は3336件で、昨年比で41件の増加。過去5年間の平均件数が3011件であり、年々増加しているという。内訳は2251件の急病(昨年比24件減)が最も多く、全体の約67%を占めた。次いで一般負傷586件(同67件増)、出産や転院など、その他の分類が299件(同1件増)、交通事故が200件(同3件減)となった。

 熱中症による救急搬送は7月に入り、30℃を超える真夏日に多く集中している。横浜市内では、5月1日〜7月21日現在での搬送者は172人。酷暑だった昨年同期の410人と比べ減少してはいるものの、梅雨も明け、今後35℃以上の猛暑日が訪れると、ますますの出動件数増加が予想されるという。

 「水分・塩分の摂取、通気性や吸湿性の良い衣服の着用、室温や気温のチェックなど、予防や対策を心がけてほしい」と宇野課長は話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

ロボコン全国舞台へ挑戦

中田中生徒有志

ロボコン全国舞台へ挑戦 社会

同校から2大会連続出場

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

コロナ下活動の助言講座

コロナ下活動の助言講座 社会

支援センターが主催

9月9日号

コロナ禍で訓練苦慮

地域防災拠点

コロナ禍で訓練苦慮 社会

昨年度は区内半数中止

9月2日号

再建終え落慶法要

岡津不動堂

再建終え落慶法要 文化

宮大工の手で一新

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook