泉区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

上半期泉消防署 建物火災など減少 原因は放火がトップ

社会

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

 泉消防署(有賀太重署長)はこのほど、2014年上半期の火災・救急件数を発表した=表参照。火災件数は15件で、昨年比で10件減少したものの、原因のトップは昨年に続き放火であり、署は注意を呼び掛けている。

 火災の種別では、昨年11件だった建物火災が5件、雑草火災は6件から3件で、いずれも半減した。

 火災の内訳でみると、出火原因では放火(疑い含む)が最も多い4件。調理中にその場を離れたため食物油が過熱引火した火災も2件起きている。

 区内では火災による死者が昨年に続き1人おり、電気ストーブが原因の火災で80歳代の高齢者が命を落とした。

 泉署の宇野登志子予防課長は「放火されない、させない環境づくりを呼びかけていきたい」と話している。

 なお、4月18日から6月15日までの59日間、泉区内無火災の記録が生まれた。

救急件数は右肩上がり

 区内の上半期救急件数は3336件で、昨年比で41件の増加。過去5年間の平均件数が3011件であり、年々増加しているという。内訳は2251件の急病(昨年比24件減)が最も多く、全体の約67%を占めた。次いで一般負傷586件(同67件増)、出産や転院など、その他の分類が299件(同1件増)、交通事故が200件(同3件減)となった。

 熱中症による救急搬送は7月に入り、30℃を超える真夏日に多く集中している。横浜市内では、5月1日〜7月21日現在での搬送者は172人。酷暑だった昨年同期の410人と比べ減少してはいるものの、梅雨も明け、今後35℃以上の猛暑日が訪れると、ますますの出動件数増加が予想されるという。

 「水分・塩分の摂取、通気性や吸湿性の良い衣服の着用、室温や気温のチェックなど、予防や対策を心がけてほしい」と宇野課長は話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

「巴御前」を祭りに奉納

刀絵作家宮本さん

「巴御前」を祭りに奉納 文化

6日〜鶴岡八幡宮で展示

8月4日号

地元への感謝「演奏で」

筝奏者小谷さん

地元への感謝「演奏で」 文化

観音寺で20日に初演奏会

8月4日号

「傾聴」講座続けて25年

区内NPO

「傾聴」講座続けて25年 社会

講師は牧師の潮田さん

7月28日号

パーク&ライド本格導入

相鉄

パーク&ライド本格導入 社会

環境配慮、利便性のため

7月28日号

「親子の居場所を駅前に」

弥生台市民団体

「親子の居場所を駅前に」 社会

「まち普請」1次審査を通過

7月21日号

「ネトゲ」に関する相談増

横浜市内20歳未満

「ネトゲ」に関する相談増 教育

高額課金など、3年で1.6倍

7月21日号

あっとほーむデスク

  • 8月4日0:00更新

  • 7月21日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook