泉区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

市内消費生活相談 13年度2・5万件超に 不審サイトの問題最多

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市消費生活総合センター(港南区)はこのほど、2013年度にあった消費生活相談件数が12年度比2242件増の2万5001件だったと発表した。

 相談内容は多岐に渡っており、年代別では特に70歳以上の増加が顕著だった。相談件数が2万5000件を突破したのは、07年度以来となる。

 相談内容で最多だったのは12年度と同様、アダルトサイトや出会い系サイトなどの「デジタルコンテンツ」に関するもので、全体の16・6%を占める4159件。ケースとしては「スマートフォンや携帯電話に届いた迷惑メールをクリックしたところ、不審なサイトが開き料金を請求された」といったものが多い。

 20歳代から40歳代の若い世代では12年度比118件減(13年度2086件)と減少しているが、50歳代以上の高年齢層で12年度比319件増(13年度1522件)と大きく増加。同センターの小守英治所長は「ここ数年多いトラブル。1回クリックしただけで一方的に契約させられてしまう『ワンクリック契約』によるものが多い」と指摘する。

 次いで多かったのが「不動産貸借」(1175件/4・7%)、「工事・建築」(1093件/4・4%)の順に並んだ。

 工事・建築に関する相談は12年度から133件増加し、中でも50歳代から70歳以上の高年齢層の占める割合が全体の70・1%と高くなっている。相談があったケースの半数以上が突然自宅を訪問され、増改築などのリフォーム工事を勧める訪問販売だった。中には「屋根の無料点検として自宅を訪問され、補修工事を勧められて契約したところ、次々に追加工事も勧められた」といったものも。小守所長は「複数の事業者から相見積もりを取るのも1つの方法。家族に相談するなどして慎重に対応するのが大事」と話す。

 また、13年度前半に多かった「健康食品」に関する相談は、12年度比153・2%増の666件。中でも頼んでいないにも関わらず、強引に商品を送りつけられる「送りつけ商法」の相談は12年度比267件増の354件で、内305件が70歳以上の高齢者だった。

ネット通販のトラブルも

 一方、12年度比405件増の677件と大幅に増加した相談事例として、インターネット通販を利用した商品未着トラブルが目立った。インターネットで注文後に料金を支払ったが、商品が届かないというケースで、商品としてはブランドの運動靴や婦人用バッグなど。平均額は約2万4000円で、大半が振り込み決済されているため、救済が難しいものだという。

 小守所長は「巧妙な手法によるものも多い。契約してから『おかしい』と思ったら、クーリングオフ制度もあるので、早めに相談してほしい」と呼びかけている。同センターの相談窓口は【電話】045・845・6666。HP【URL】http://www.yokohama-consumer.or.jp/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

7回目の親子展

7回目の親子展 社会

区内在住の松本さん

7月29日号

はっけんノート配布中

境川遊水地公園

はっけんノート配布中 社会

7月29日号

市役所前など「ポケモン」ポスト

市役所前など「ポケモン」ポスト 文化

地域活性化や誘客促進に

7月29日号

"ダンパラ"が開幕

"ダンパラ"が開幕 文化

10月まで市内各所で

7月29日号

学校またぎ議論

区内小中校

学校またぎ議論 教育

子ども会議に向け準備

7月29日号

瀬谷の小麦が缶ビールに

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter