泉区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

シニアソフト マイティーズが連覇 県大会制し、全国へ

スポーツ

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena
県大会を制したチームナイン
県大会を制したチームナイン

 泉区を拠点に活動するシニアソフトボールチーム、横浜マイティーズ(出口恵三代表、松本研二監督)が6月下旬から7月上旬に横浜市内で開催された、第28回全日本シニアソフトボール大会の神奈川県予選で優勝し、昨年に続く連覇を果たした。

 同チームは初戦のドリーム葛輪(相模原)を10-0、2戦目の相模原アリーナ(同)を6-0といずれも0封で快勝したが、準決勝の愛甲クラブ(愛甲)戦は2点先取される苦しい展開に。5回に1点返すも、その裏に1点取られ、6回に3点挙げて逆転しても裏に1点取られて同点という接戦となった。延長タイブレークで2点取り、裏の反撃を1点に抑え、6-5で接戦をものにした。

 続く決勝は三度、相模原勢との対決に。相模原タートルとの頂上決戦は0-2の劣勢からで、3回に3点取って逆転したが、裏に2点取られる展開に。5回に2点取って再逆転し、5-4で何とか逃げ切った。

 県大会はエースの岩本清投手が全試合を投げ抜き、出口代表は「エースの力」と岩本選手を評価し、松本監督は「最後まで何が起こるかわからない。諦めない姿勢」が奏功したと振り返る。同チームが年間3つある全国大会を目指す中、最も厳しい戦いを制した。

 中でも、今春開催された関東大会の強豪・塩山戦(山梨)で、最終回に0-1から逆転したことで、より自信がついたと、チーム関係者は口々にする。

 全国大会は9月26日〜29日、岐阜県下呂市で都道府県代表など48チームが出場して開催。シニア大会の出場資格は60歳以上で、同チーム在籍45人中、22人が登録された。

 過去の全国大会ではレベルの高さを痛感しているという松本監督らは「年取って勝負にこだわる機会。みんなと行ける最高の楽しみ。どのチームも(全国大会出場を)目標にしている。年配者なのでミスもあるが、ミスしたときにどう切り替えられるか。神奈川の代表として、一試合でも多く戦い、優勝を目指したい」と抱負を話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

区内から2人が最優秀賞

中学生人権作文大会

区内から2人が最優秀賞 社会

12月2日号

力作ズラリ展示

力作ズラリ展示 文化

老人福祉センター泉寿荘

12月2日号

SDGsテーマに講演

SDGsテーマに講演 社会

フェリス生ら

12月2日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月2日号

ペコちゃんの魅力に迫る

横浜人形の家

ペコちゃんの魅力に迫る 文化

企画展 1月23日まで

12月2日号

横浜で「城」の祭典

読者プレゼント

横浜で「城」の祭典 文化

12月18日・19日開催

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook