泉区版 掲載号:2014年9月11日号 エリアトップへ

瀬谷ボーイズから甲子園へ 高校球児の夏-連載(上)- 中学時代の下積み 糧に

スポーツ

掲載号:2014年9月11日号

  • LINE
  • hatena
新チームで初優勝を飾った瀬谷ボーイズ。松本選手(当時2年)らが所属していた=2010年、チーム提供
新チームで初優勝を飾った瀬谷ボーイズ。松本選手(当時2年)らが所属していた=2010年、チーム提供

 大阪桐蔭の優勝で、14日間の熱戦に幕を下ろした第96回全国高校野球選手権大会。初のベスト8に輝いた高崎健康福祉大学高崎(群馬県)の横溝拓斗選手、初戦で東海大相模を下した盛岡大学附属(岩手県)の松本裕樹選手、宮杉一輝選手、寺尾恒輝選手、渡部宏選手ら3年生が所属していた少年硬式野球チーム「横浜瀬谷ボーイズ」に焦点をあて、大会を振り返る。

 杉山千春監督が指導する瀬谷ボーイズは、瀬谷区や旭区など市内の中学1〜3年生が集まるクラブチーム。週4日の練習や土日の交流試合など、野球漬けの日々を送る。「全国大会に出ることを目指しているわけではない。中学では高校の土台作りが第一」と、杉山監督は一貫した指導方針を語る。松本選手や横溝選手らと同じ14期生の酒井聖史選手(藤沢翔陵高3年)は、「高校でも通用するバッティングが身についたのは、素振りなど基本を徹底するボーイズ時代のおかげ」と当時を振り返る。

 14期は「おとなしい代だった」(杉山監督)という。入部時の半数のメンバーが抜ける難局を乗り越え、新チームとして初めて挑んだ2010年9月。「ゼット杯第4回日本少年野球八王子市長旗争奪大会」で、八王子ボーイズを下して優勝。当時2年生の松本選手、宮杉選手らも安打を放ち、勝利に貢献した。「結果はたまたま。退団した選手たちの方がうまかった」と杉山監督。一方で「彼ら(松本選手ら)に意地を持ってほしかった」とも。指揮官としての闘志を垣間見せた。

続く盛大附との縁

 瀬谷ボーイズは毎年、8期生から卒団生を盛大附に送り出している。松本選手ら14期生の3年生4人を含め、同校には11人が在籍する。練習試合などで交流があった山梨県のチームが、同校の関口清治監督に瀬谷ボーイズを紹介したことがきっかけで始まった縁。瀬谷ボーイズ出身選手について、関口監督は「中学時代にしっかり鍛えられている。一から高校で教えるのではなく、仕上がっているのは指導する側としてもありがたい」と太鼓判を押す。

 中学卒業後の進路は、まず選手たちに考えさせるのが杉山流だ。「行きたいところを自分で見つけるのが大事。こっそり見にいって、野球部の雰囲気を知りなさいと言っている」。進学を控えた3年生には毎年、志望校を5校挙げてもらい、それをもとに面談。「進学は人生を決めるもの。しっかり吟味して決めれば良い」と選手一人ひとりに合った進学先を共に考える。

 「先輩の声」も重要なポイントの一つで、投手だった卒団生の話を聞いた松本選手もその一人だ。―続く

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

新年祝賀会盛大に

「お腹」について考える

地域デビュー応援講座

「お腹」について考える 社会

1月16日号

「備えの積み重ねを」

「備えの積み重ねを」 社会

泉区消防出初式

1月16日号

新春コンサート

立場地区センター

新春コンサート 社会

1月16日号

パティシエに学ぶ

パティシエに学ぶ 社会

バレンタインスイーツ

1月9日号

今年はオリンピックイヤー

今年はオリンピックイヤー スポーツ

横浜は3競技の会場に

1月9日号

7党県代表が年頭談話

7党県代表が年頭談話 政治

五輪イヤーの抱負語る

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク