泉区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

瀬谷ボーイズから甲子園へ 高校球児の夏―連載(下)― 「聖地」で見た景色

スポーツ

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena
岩手大会決勝後の松本選手と宮杉選手(=松本末江さん提供)
岩手大会決勝後の松本選手と宮杉選手(=松本末江さん提供)

 「いい思い出、悔しい思い出も両方ある。いい夏だった」と言葉少なに、しかしはっきりとした口調で語った盛岡大附属(岩手県)の松本裕樹選手。地元神奈川代表の東海大相模との試合については「特別な思いはなかった」ときっぱり。注目度の高い一戦も、自身にとってはいつもの試合の一つに過ぎなかった。

 健大高崎(群馬県)初のベスト8を経験した横溝拓斗選手は大会後、多くの人たちに報告するなかで「(ベスト8は)支えられた結果。ありがたいと思っている」と感謝の思いを口にした。

 瀬谷ボーイズ時代を振り返り、「かなりの練習量。厳しかった」と声を揃えるも、「基礎を身に付けることができたので、高校に入ってからも体力面で困ることはなかった」(松本選手)、「中学時代があってこその自分」(横溝選手)と中学の経験を語った両選手。杉山監督が実践する「将来へとつなげる野球」は確実に受け継がれ、大舞台での活躍としてこの夏、形となった。

 今後について、松本選手はプロを第一志望としながらも、「けがのことを考え、監督や両親と話しているところ。プロ以外の道も視野に入れている」とし、横溝選手は「大学でも野球を続けたい」と話した。健大高崎は現在、10月12日から長崎県で行われる国体へ向け、練習を続けている。

同期の活躍間近で

 盛大附の初戦を同校側アルプス席で観戦した宮崎翔吾選手(向上高校3年)は、点が入った時の周りの盛り上がりを肌で感じたという。対戦相手は優勝候補の一角、東海大相模。宮崎選手にとって、神奈川大会決勝で敗れた相手だ。「勝ってくれて嬉しかった」と素直な気持ちを明かし、松本選手については、「中学の時から球が速く、ライバルとはとても言えない。自分も同じ投手なので、彼が目標だった」と話した。また、酒井聖史選手(藤沢翔陵高校3年)は「テーピングを巻き直している様子が映っていて、あまり調子は良くなさそうだと思った」とテレビに映る様子を気にしていたという。「昔からうまさは群を抜いていて、リーダーシップを発揮して皆をまとめてくれていた」。投球でチームを引っ張る松本選手を同期ならではの視点で語った。

師弟の絆、胸に

 盛大附と健大高崎の試合を観戦した杉山監督は、松本選手について「岩手大会の時から腕が振れていないと分かり、無理してほしくないというのが正直な気持ちだった」と振り返り、「当時からポーカーフェイス。間合いや打者の打ち気を感じ取る才能があり、非常にプロ向き。ここからまた大変だろうが、けがを治し、今後に向けて頑張ってほしい」とエールを送った。また、横溝選手については「中学時代は線が細く、体も小さかったが守備はうまかった。あのチームでレギュラーとして甲子園に出られたことは凄いこと」と成長ぶりを喜んだ。

 現在、瀬谷ボーイズに所属する選手は中学1〜3年生54人。明日の飛躍をめざし、先輩たちの背中を追う。

――了

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市泉区の陽性者、6月10日までの1週間で22人増

「肉じゃがパーティーだぁ」

「肉じゃがパーティーだぁ」 教育

緑園西小 6年生が収穫体験

6月17日号

青パトで地域見守り

戸塚法人会泉連合

青パトで地域見守り 社会

6月17日号

華麗な演技で観客魅了

聖火、公道走行中止に

聖火、公道走行中止に スポーツ

セレモニーは実施予定

6月17日号

オール弥生台 初の全国へ

ソフトボール

オール弥生台 初の全国へ スポーツ

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter