泉区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

横浜の街を駆ける夢(中) ランナー目線の大会を 横浜マラソンを「世界へ」

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 多くのランナーを引き付ける横浜マラソン―。開催に尽力した神奈川県走友会連盟の創立メンバーの1人で、理事長などを歴任した三島啓三さん(80・南区)=写真=もかつて横浜でフルマラソンを走ることを望んだランナーだった。

 大会の企画案を話し合った当時のことを「あの異様な雰囲気は忘れられない。皆が『さあ、やろう』という感じで開戦前夜のようだった」と振り返る。

 「走るとすがすがしい気持ちになり、悩みも解消できる。走らないと味わえない感覚」。長年の経験から、走る快感を語る。海外で行われた大会へも多数参加し、中でもアメリカのニューヨークシティマラソンへの参加は20回を超える。フルマラソン以外の種目も含めて約5万人のランナーが参加し、沿道の観衆は約200万人ともいわれる世界を代表するこの大会を「街と大会が一体となっている」と評価。世界各国の大会を見てきたからこそ、海外に劣らない大規模な大会を地元・横浜で実現させたいと願ってきた。

 現在、東京を含めた6つの大会がワールドマラソンメジャーズと呼ばれるツアーを構成しており、この6大会が世界6大マラソンといわれている。いつの日か、横浜マラソンがこの6大大会と肩を並べ、「世界の7大マラソンに数えられるようになれば」。横浜マラソンに対する期待は膨らむ。

 30年越しで実現したフルマラソン。現在は走ることをやめ、運営からも退いているが「やるからにはランナーの目線に立った大会にしないと」と話す。例えば、ランナーがしっかり休めるように給水ポイントを充実させ、ゴール地点は多くの観衆で盛り上げる。みなとみらいや赤レンガ倉庫などを走る魅力的なコースを生かしてより良い大会にするために、多様な視点からランナーの気持ちに思いを巡らす。三島さんはこの大会がランナーから、そして世界から認められる日を夢見ている。

  (つづく)

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

小さな悩みにも全力で

ケアプラザ新所長紹介

小さな悩みにも全力で 社会

上飯田・飯田守さん

10月1日号

公演中止も道具展継続

いずみ歌舞伎

公演中止も道具展継続 文化

5日から区役所で

10月1日号

定演、横浜・川崎の3会場で

神奈川フィル来シーズン

定演、横浜・川崎の3会場で 文化

常 任指揮者 川瀬氏、最後の1年に

10月1日号

誰も取り残さない政治

誰も取り残さない政治 政治

公明党横浜市会議員源波正保さん

10月1日号

中小に最大30万円

市補助金

中小に最大30万円 経済

「新生活様式」対応で

10月1日号

横浜保育室「曲がり角」

横浜保育室「曲がり角」 社会

定員、最大時の2割に減少

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月1日号

お問い合わせ

外部リンク