泉区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

常設サロンいこいの家 地域の見守りに一手 防災品配布で定期訪問

社会

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena
和泉中央地区社協のメンバー
和泉中央地区社協のメンバー

 和泉中央地区社会福祉協議会(村山節子会長)が運営するサロン「いこいの家」は、同地区内を対象に、75歳以上への見守り活動として12月から防災グッズの配布を始める。これを契機に、定期訪問へ繋げる狙いがある。

 区内唯一の常設サロンである「いこいの家」は、いつでも誰でも気軽に立ち寄れる場所として、同地区の住民に利用されている。

 町内会ごとで差はあるものの、高齢化率は高い地域。見守りが必要と村山会長が提案し、準備を進めてきた。「一人暮らしの高齢者を対象にする民生委員のカバーしきれないところを」と、対象を【1】二人暮らしの人【2】家族と同居するも、日中は一人暮らしになる人--に決め、いずれも75歳以上を条件とした。

 希望者はいこいの家に連絡し、ボランティアが防災グッズを手に訪問する。中身はマスクや水をはじめ、非常時に必要な7点が備蓄。消費期限のあるものや電池などの消耗品は、点検も兼ねて数カ月に一度訪問し、様子を伺う。

 村山会長は「これから先暮らしやすい町を今作っていきたいし、その暮らしを後継者へ引き継いでいきたい。防災グッズ配布はそのきっかけづくり」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

手渡し型に注意

特殊詐欺

手渡し型に注意 社会

被害総額昨年上回る

6月17日号

今年度課題は「次世代」

泉区地域協議会

今年度課題は「次世代」 社会

各地区代表者で議論

6月17日号

中庭をリニューアル

下和泉地区セン ケアプラザ

中庭をリニューアル 社会

地域交流の拠点目指す

6月10日号

対象拡大し食支援

泉区社協

対象拡大し食支援 社会

学生に加えひとり親にも

6月10日号

小川さんが関東へ

松陽高校陸上部

小川さんが関東へ スポーツ

砲丸投げで同校史上初

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter