泉区版 掲載号:2014年12月11日号 エリアトップへ

12月5日にオープンしたフットボールセンター「かもめパーク」のセンター長を務める 宇野 勝さん 厚木市在住 70歳

掲載号:2014年12月11日号

  • LINE
  • hatena

伝える「play」の心

 ○…「子どもたちやサッカーを愛する人たちと一緒に遊べる場にしたい」と想いを話す。神奈川県サッカー協会の会長を務めて9年目。協会の長年の悲願だった自前サッカー場はかもめパークと名付けられ、センター長を兼務する。長年指導者畑を歩んできた経験から、「play」の精神を情操教育の原点と考え、稽古や練習ではなく、「全てを忘れて楽しむ」ことを伝える。

 ○…広島で生まれ、10歳からサッカー一筋の生活を送る。プロチームが無かった時代、恩師の勧めで指導者を目指して進学した東京教育大学(現筑波大学)では、元日本代表の釜本邦茂氏らライバルと凌ぎを削ってきた。卒業後はドイツへ留学し、指導者の資格を取得。帰国後は日本サッカー協会で指導者養成と若手選手の発掘に務めながら、東海大学で30年間監督を務めた。「途中で逃げ出すと結果は出ない」と、選手たちには座右の銘「耐えて勝つ」の精神を説いてきた。

 ○…教え子ではなく、「一緒に戦ってきた仲間」と選手を称するところに、協会の理念でもある「愛の大切さ」が伝わってくる。指導者として世界を回り辿り着いた答えは、指導者は「場を与えてやることが一番大切で、教えることではない」。何が必要なのか、それが分かるトレーニング方法を選手たちに考えさせる。「できる能力を与えてあげることが大切だが、日本の教育はそこが抜けている」。経験に裏付けされた、説得力のある言葉が続く。

 ○…長年続けている趣味は釣りで、海や川、ジャンルを問わず出かける。メールの文末にサッカーボールと魚、釣り針の絵文字を入れるユーモアもあり、車内には道具の準備が万端だ。「自然が豊かで、区民の皆さんが温かく迎えてくださった」と泉区の印象を話し、「サッカーだけではなく様々なイベントができれば」と目を輝かせる。遊び心を忘れず、住民と同じ目線でアイデアを出し合い、地域交流の拠点を目指す。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版の人物風土記最新6

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

峰岸 正臣さん

来年4月に開校する緑園学園の校章デザインを手がけた

峰岸 正臣さん

緑園在住 46歳

10月21日号

石田 剛規さん

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める

石田 剛規さん

藤沢市在住 39歳

10月14日号

渡辺 楊子さん

40周年を迎えた絵画教室「木犀会」を主宰する

渡辺 楊子さん

岡津町在住 83歳

10月7日号

伊藤 清春さん

日本サッカー協会100周年功労表彰を受賞した

伊藤 清春さん

上飯田町在住 74歳

9月30日号

田中 完さん

中田中学校の技術科教諭で生徒を国際的ロボットコンテストの全国大会へ導いた

田中 完さん

泉区在住 56歳

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook