泉区版 掲載号:2015年2月12日号 エリアトップへ

災ボラセンター運営学ぶ

社会

掲載号:2015年2月12日号

  • LINE
  • hatena

 泉区災害ボランティア連絡会(西ヶ谷保秀会長)による災害ボランティアセンター運営シミュレーション訓練が2月7日、中川地区センターで開かれた。

 災害時に開設される「ボランティアセンター」についての活動理解と、発災時にボランティアの受け入れからコーディネートまでの流れを円滑に行うことができるようにすることが目的。

この日は中川地域を中心に、緑園、新橋の自治会町内会、地区社協、民亊協の関係者らおよそ70人が参加した。

 スクリーンを使って発災時の体制について学んだあとは参加者が「被災地に活動に来たボランティア」と想定してのシミュレーション。参加者たちの多くが団体の代表者らであることから発災時には、ボランティアと派遣依頼の「つなぎ役」として期待されている。あらかじめ逆の立場を経験することで、実際の運営時の参考となる「気づき」を見出すことも、この訓練の趣旨の1つ。参加者たちはグループに分かれてボランティア登録から活動までの流れを学んだ。訓練を終え、西ヶ谷会長は「自然災害等はいつ発生するか分らない。その意味で普段からの備えが不可欠。今後、より多くの区民のみなさんに訓練に参加してもらえるよう、地域を変えて実施していくことも検討したい」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市泉区の陽性者、6月10日までの1週間で22人増

「肉じゃがパーティーだぁ」

「肉じゃがパーティーだぁ」 教育

緑園西小 6年生が収穫体験

6月17日号

青パトで地域見守り

戸塚法人会泉連合

青パトで地域見守り 社会

6月17日号

華麗な演技で観客魅了

聖火、公道走行中止に

聖火、公道走行中止に スポーツ

セレモニーは実施予定

6月17日号

オール弥生台 初の全国へ

ソフトボール

オール弥生台 初の全国へ スポーツ

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter