泉区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

車椅子バスケのU-23代表選手として活躍する 古澤 拓也さん 横浜修悠館高校3年 

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena

五輪の主役目指す

 ○…体育館を縦横無尽に走り回り、激しくぶつかり合うさまは格闘技のよう。初めて出会ったのは6年前の中学1年。今では全日本ジュニア選抜(U-23)に選ばれ、所属する「横浜ドリーマー」では、最年少ながら司令塔としてチームを牽引し、年上メンバーにも臆することなく指示を出す。「車椅子のスピード感やバスケの能力、どちらも10割ずつ必要なところが魅力的」と笑顔で話す。

 ○…家にいるより外が好きで、木登りや野球に明け暮れた幼少時代。先天性の二分脊椎症で、車椅子を使うようになったのは中学1年の時。それでもスポーツへの熱は冷めず、障害者スポーツ文化センター「ラポール」で開かれていた体験教室でバスケットと出会う。「激しい接触も楽しかった」と、すぐさま現チームの門を叩く。高校進学まではテニスも習っていたが「仲間とプレーするチームスポーツが好き」と、バスケ一本に。「疲れることも楽しかった」と、週に3〜5日あるチーム練習で車椅子操作やバスケットの技術を先輩に教わり、リーグ戦で経験を積んだ。中学3年からは関東選抜に選ばれ、2012年のジュニア選抜大会はMVP、昨夏の同大会ではベスト5に選ばれた。

 ○…持ち味はドリブルからゴール下へ切れ込んでのシュート。高校入学後は日本代表として国際試合が増えたが、リーチが長く、身体能力が高い海外選手には通用しなかった。世界との差を感じ、ダンベルでの手首強化や朝食を重要視し、当たり負けしない身体作りに励む。試合のDVDで相手の癖を見つける研究も、負けん気の強さから。「動きを予測することで自分のプレーの幅が広がる」

 ○…4月からは大学に進学し、スポーツ科学を専攻する。「学んでおいて損はない」と、知識を深め、選手としての幅も広げる。「チームの上位リーグ進出と、日本代表として東京五輪の出場枠を勝ち取りたい」。一つひとつ夢を実現させていく。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版の人物風土記最新6

福島 初恵さん

立場地区センター指導員としてコロナ禍でも工夫を凝らした事業を企画する

福島 初恵さん

和泉町在住 62歳

1月21日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

小野 敦男さん

このほど泉企業防犯連絡会の新会長に就任した

小野 敦男さん

領家在住 63歳

1月1日号

野中 慎一郎さん

中和田中学校PTA会長として日本PTA全国協議会会長表彰を受けた

野中 慎一郎さん

和泉中央南在住 46歳

12月10日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

旭区在住 21歳

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク