泉区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

区内2カ所にロボスーツ 県が介護現場に試験導入

社会

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
HALを身に付け、練習を行う希望苑の職員
HALを身に付け、練習を行う希望苑の職員

 神奈川県では、6月12日から県内30カ所の介護等施設に最先端のロボットスーツ「HAL®介護支援用(腰タイプ)」の試験導入を開始した。ロボット等を活用した「職場処遇改善コンサルティング支援事業」の一環。泉区内では希望苑(池の谷)と恒春ノ郷(西が岡)の2カ所に各3台が順次導入される。

 介護・看護の現場では、人を抱え上げるなどの腰に負担の生じる作業による腰痛や労働力の低下が深刻な問題となっているという。県は、「人の力のみで抱え上げない介護・看護」の理念や技術の普及を目指す「神奈川らくらく介護宣言」を12日に発表。身体機能の補助などを行うロボットスーツHALの導入で職員の負担軽減、質の高いケアを提供し、離職率の低減による職場の処遇改善を図る。試験導入は今年度末までを期間としており、公募で選ばれた30施設が対象となっている。

 区内ではすでに16日に希望苑に1台目が届き、説明会が行われた。24日には恒春の郷にも到着する。導入にあたり、各施設では代表職員が事前に研修を行い、適切な使い方を学んでいる。研修に参加した恒春ノ郷の青木重徳さんは「腰などへの負担は、使い方次第で軽減されるのでは」と期待を寄せる。

 一方で、希望苑の斉藤功人施設長は「本人の意思と違った動きをしてしまうこともあるようだ。コントロールがかなり難しく、機械なので不具合などの不安もある」と話す。機械の扱い、感覚に慣れるまでは、職員同士で練習を重ね、実際に利用者の介護に活用するのは2、3カ月後になりそうだという。

 県担当者は「今回導入した腰タイプのHALを現場で長期に渡り、活用するのは初。実践することでHAL自体の改良点やHALを使った現場での新たなケアの方法を見付けていき、今後の本格導入につなげられたら」としている。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

広報誌発行25年目へ

元気かい泉

広報誌発行25年目へ 社会

中途障害者の日常を発信

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

いじめ認知件数、過去最多

公立 小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月7日号

最高時速が50Kmへ

長後街道

最高時速が50Kmへ 社会

11月22日から引き上げ

11月7日号

「いこいの家」が10周年

「いこいの家」が10周年 社会

見守りと支え合いの拠点

10月31日号

高齢者外出支援でタッグ

高齢者外出支援でタッグ 教育

和泉小児童と地域の大人

10月31日号

東坊城さん、女子プロ野球へ

東坊城さん、女子プロ野球へ スポーツ

入団テストで合格つかむ

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク