泉区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

高校野球神奈川大会 隼人、3期連続8強 泉中央ボーイズ 山口・大堀両選手が健闘

スポーツ

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena
泉中央ボーイズ出身の山口投手(左)と大堀選手=24日、横浜スタジアム
泉中央ボーイズ出身の山口投手(左)と大堀選手=24日、横浜スタジアム

 7月11日に開幕した第97回全国高校野球選手権神奈川大会で、準々決勝に駒を進めた横浜隼人=瀬谷区=は24日、横浜に4―5で惜敗。昨秋と今春の県大会に続き、3期連続のベスト8進出を果たした。

 今大会5試合のうち逆転サヨナラ勝ち1試合、コールド勝ち2試合と、「強打隼人」を見せ続けてきた同校。その中軸を担ったのが、エースの山口直也投手(3年)=泉が丘中出身=と内野手の大堀純一選手(3年)=岡津中出身=だ。

 2人は中学時代、横浜泉中央ボーイズのチームメート同士だった。同チーム出身の3年生は、全部で4人。宿敵横浜との対戦を前に、「ベンチに入れなかった2人の分まで、夢を背負って絶対に勝つぞ」。4人の思いを一つに、必勝を誓った。

 試合は4―1で迎えた8回表、2点本塁打を浴びた林明良投手(2年)に代わり、マウンドを託された山口投手。「流れを切って味方の追加点につなげたい」。そう念じて腕を振ったが、スクイズと適時打で8、9回に1点ずつを失い、勝ち越しを許した。1点を追う9回裏、隼人は2死から大堀選手が左前安打で逆転ムードを演出したが、反撃はそこまでだった。「エース、4番打者でいられたのは、水谷哲也監督をはじめ指導者のおかげ。感謝したい」と山口投手。大堀選手は「最後に1本打てたのは、気持ちで後押ししてくれたみんなのおかげ」と充実の表情を見せた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

災禍乗り越え一世紀

岡津小学校

災禍乗り越え一世紀 教育

各学年の学習発表も

11月25日号

地域愛弁当でおもてなし

新橋小学校

地域愛弁当でおもてなし 教育

バルーンリリースも

11月25日号

フラワーアレンジ講座

中川地区セン主催

フラワーアレンジ講座 文化

11月25日号

文科大臣が来校

葛野小

文科大臣が来校 教育

独自の取り組みを視察

11月25日号

チャレンジウィーク開催

チャレンジウィーク開催 社会

いずみ中央地域ケアプラザ

11月25日号

「空き家」どうする?

「空き家」どうする? 社会

市、管理義務化へ条例施行

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook