泉区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

大人のためのおはなし会 個性見える語りが人気 初回好評で第2回

文化

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼びかける吉田さん
参加を呼びかける吉田さん

 読み聞かせや朗読とは違い、手に本は持たない「大人のためのおはなし会」が11月10日(火)に泉図書館で開催される。語り手は同館を中心に活動する、おはなしのいずみの会。物語は記憶し、語り手の話し方や自分なりの解釈で、個性が垣間見える語りが楽しめる。

 7月に行われた1回目は定員に達し「またぜひやってほしい」といった声が上がるなど、好評を博しての2回目の開催となる。今回の演目は『3枚のお札』や『ねむりひめ』など、国内外の昔話が中心。同会では、幼児や小学生を対象としたおはなし会は定期的に行っているものの、大人向けの企画はなかった。だが、個人的に老人ホームなどで活動する人や大人向けのおはなしができる人もいたため、何か機会があればという考えは前々からあったという。そこにちょうど泉図書館から話が持ちかけられ、開催する運びとなった。

 披露する演目は、毎月の定例会でメンバーを相手に実践し、アドバイスをし合うなどして、勉強を重ねたもの。同会は、図書館で開催されたストーリーテリング講習会の受講者で発足。当時は初心者ばかりだったが、経験を積み続け、来年で20年を迎える。16人のメンバーが図書館のほか、小学校等で活動している。

物語は頭の中に

 同会の吉田久美子さんが強調するのは、本を手に持って読み聞かせるのではなく、あくまで来場者に対して「おはなし」するということ。物語は頭の中に入っており、相手の目を見ながら話す。さらに「単純に楽しんで聞いてもらいたいので、こちらから感想を聞くことはありません。『感想を話さないと』と構えた状態で聞かなくても良いように」と吉田さんはほほ笑む。

 また、この企画から本への興味に結び付けたいという思いから、披露する本や関連した本もその場で借りられるように図書館に用意してもらっている。「語り手一人ひとりの話し方や伝えたいポイントなどの違いも楽しめると思います。語り手の声に耳を傾けていただければ」。今後、需要と機会があれば定期的な開催もしてみたいという。

 開催の日時は10日(火)の午前10時半〜正午。参加無料で先着30人。希望者は泉図書館【電話】045・801・2251。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

手渡し型に注意

特殊詐欺

手渡し型に注意 社会

被害総額昨年上回る

6月17日号

今年度課題は「次世代」

泉区地域協議会

今年度課題は「次世代」 社会

各地区代表者で議論

6月17日号

中庭をリニューアル

下和泉地区セン ケアプラザ

中庭をリニューアル 社会

地域交流の拠点目指す

6月10日号

対象拡大し食支援

泉区社協

対象拡大し食支援 社会

学生に加えひとり親にも

6月10日号

小川さんが関東へ

松陽高校陸上部

小川さんが関東へ スポーツ

砲丸投げで同校史上初

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter