泉区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

犬のしつけや飼い主の心構えについて、セミナーの講師を務める 遠藤 絵麻さん 和泉町出身 31歳

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena

犬と人との心の架け橋に

 ○…11月1日はワンワンワンで犬の日。区内の愛犬家にはお馴染みの顔かもしれない。「吠えることには犬からのメッセージが込められています。何の意味があるか考えない限り、改善にはつながりにくいんです」。にこやかな笑顔と明るいトークからは人を引き付ける魅力が感じられる。ドッグトレーナーとして区内外で行うセミナーも大好評で、次回開催の希望の声も多く上がる。2月にも新講座の開講が決定している。

 ○…トレーナーの道を目指したきっかけは、高校生のころ、譲渡会で引き取った雑種との接し方を学ぼうと参加した泉区での犬のしつけ講座。講師の話が面白く、「自分もこの場に立ちたい」と憧れた。大学に合格していたが、興味のないことを勉強するよりも夢を追いたいと、まずは収入を得るためにフラワー装飾や経理の仕事で資金を稼いだ。会社勤めをしながら、トレーナーとしての勉強を続け、25歳で独立。昨年、憧れだった舞台に講師として登壇。「ついに夢が叶った」

 ○…夫と日本犬の雑種、トイプードルと暮らす。貰い手がなかなか見つからなかった成犬を引き取った。トレーナーとして勉強をしていたころからそばで見守ってくれていた夫。噛み癖のある犬にも慎重に接しながら、家族として迎え入れてくれたという。「きっと私は犬とかかわっていないと生きていけないんだと理解してくれていると思う」と幸せいっぱいに笑う。

 ○…「犬って朝夕散歩しますよね。でも理由を知らない人が多いんですよ」。狩猟のために走り、獲物を食べ、次の狩りに備えて休む。そんな本能からの欲求を満たすことで犬の表情も態度も大きく変わるそうだ。また、犬も人と同じように犬種にかかわらず性格も違うため、接し方も個性に合わせることが大切という。「愛犬とのより良い関係づくりのためには、気持ちを理解しないと。その方法を皆さんに伝えていきたいんです」と目を輝かせる。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

小野 敦男さん

このほど泉企業防犯連絡会の新会長に就任した

小野 敦男さん

領家在住 63歳

1月1日号

野中 慎一郎さん

中和田中学校PTA会長として日本PTA全国協議会会長表彰を受けた

野中 慎一郎さん

和泉中央南在住 46歳

12月10日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

旭区在住 21歳

11月26日号

櫻井 元美さん

泉交通安全協会が毎週配信する、交通事故情報メールの「中の人」

櫻井 元美さん

和泉中央北在住 62歳

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク