泉区版 掲載号:2016年2月11日号 エリアトップへ

未来へ歴史をつなげ 雑誌「石巻学」を編集

社会

掲載号:2016年2月11日号

  • LINE
  • hatena

 「津波で失われた歴史や文化を掘り起こし、未来へとつなげよう」――。そんな思いから、雑誌「石巻学」が昨年12月に生まれた。

 128ページの雑誌には、大学教授や作家、ラジオパーソナリティーやお笑い芸人ら、石巻市に関係のある20人以上が登場。それぞれの目線で「石巻」が切り取られている。スタイルは対談やエッセーなどさまざまだ。編集したのは、石巻生まれで現在は金沢区に住む、大島幹雄さん。「ノンフィクションライターの経験を生かせないか」という思いから、雑誌編集という考えに至ったという。

 大島さんは震災後、石巻市でボランティアをする中で、現地の奥深い歴史や文化を知った。津波により失われたものは確かにあるが、歴史を語れる「人」はいた。毎月現地に通い、約2年をかけて現地の人々と交流し、作り上げた。

 「雑誌」にこだわるのは「どんな内容でも入れられるから」。さまざまな立場の人が好きなように石巻を語ることで、「筆者と読者、また筆者同士でも交流が生まれていく」と期待する。

 目標は「2年に3号」ほどのペースで、計10号発行すること。「石巻市以外の人にも知ってもらえるように頑張らないと」と前を向く。同誌はネットストアhоntо(【URL】http://honto.jp/)で購入できる。1500円(外税)。

東日本大震災から5年―。被災地を思い活動する市内の個人・団体を紹介します。

泉区在宅医療市民啓発講座

「ワクチン接種後の日常生活」講演申込みはこちらから

https://www.izumiku-med.org/soudan/lecture20211124.html

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

スマホで横浜港散策

スマホで横浜港散策 文化

市、音声で歴史解説

10月28日号

横浜ダンパラ終演

ダンスの楽しさ伝える

横浜ダンパラ終演 文化

10月28日号

中和田地区に「安西さん」なぜ多い?

中和田地区に「安西さん」なぜ多い? 教育

ミニバス児童ら、真夏の大調査

10月28日号

白バイ隊員が指導

白バイ隊員が指導 社会

二輪車ライダーに講習会

10月28日号

民間運営、施設併設へ

弥生台北口駐輪場

民間運営、施設併設へ 経済

市が土地を公募貸付

10月28日号

旧東海道の宿場紹介

旧東海道の宿場紹介 文化

季刊誌「横濱」で特集

10月28日号

あっとほーむデスク

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook