泉区版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

子どもの事故予防推進活動を行う「safety kids いずみ」の代表を務める 太田 由紀枝さん 緑園在住 56歳

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena

安全意識を日本へ輸入

 ○…30歳の時、夫の仕事で5歳の息子を連れ渡米。ヘルメット、ライフジャケットは当たり前…米国の安全意識の高さに衝撃を受けた。息子の友人を玄関まで送り届けた後、直接親に引き渡さなかったことを叱責されたこともあった。「12歳以下の子どもは一瞬でも1人にしてはいけないから。意識していたつもりだったのに」。その環境下で5年を過ごし、帰国すると日本が「無法地帯」に見えた。

 ○…子どもの事故予防を推進しようと2009年に主婦らで団体を設立。予防といっても単に大人が子どもを守るのではなく、身を守る術を子どもに伝えることも重要と説く。毎年製作する予防カレンダーも好評で、このほど講座で使用するワークブックをより多くの人に活用してもらおうと団体ホームページでの配布を開始した。子どもにも分かりやすい文章で、塗り絵をしながら予防法が学べる。「事故は起きてからでは遅いんです」と熱を込める。

 ○…16年前、当時多かった車内放置による熱中症死を防ごうと手書きのポスターをパチンコ店に持っていったこともあったが、取りつく島もない状態。だが児童虐待防止法が成立した直後、店や施設が一斉に大きなポスターを貼り、警備を強化。法の力の大きさを再認識した。しかし自分にできることはすぐには思いつかず、時は過ぎた。転換期となったのは07年。区のセンター職員として企画した、子どもの事故予防のための講座が成功。同志も増え、職員の任期を終えた09年に団体を発足した。

 ○…今年幼稚園に入園した孫の安全に対しても敏感。お迎えに行った時もすぐさま園庭の遊具へ目を光らせる。「普段から気になることだらけ。もう大変ですよ、きりがなくて」と笑う。4月からは団体の上部組織「SafeKidsJapan」の事務局としての業務も増えた。忙しさは加速するばかりだが、関西支部の設立などを視野に、さらなる飛躍を目指す。

泉区版の人物風土記最新6

村上 明美さん

横浜市いずみ野地域ケアプラザの新所長に4月から就任した

村上 明美さん

和泉町在勤 52歳

5月7日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

4月29日号

中盛 敦司さん

4月から資源循環局泉事務所の新所長を務める

中盛 敦司さん

和泉町在勤 52歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

坂本 光毅(こうき)さん

末期がんと闘いながら画業60周年記念個展を開く

坂本 光毅(こうき)さん

中田北在住 78歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter