泉区版 掲載号:2016年4月28日号 エリアトップへ

色・柄・手法、すべてが個性的 パナマの民族手芸「モラ」

文化

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • hatena
生徒にアドバイスする講師の空野さん(左)
生徒にアドバイスする講師の空野さん(左)

 カラフルな布を組み合わせ、細かな柄を描くパナマの民族手芸「モラ」。中川地区センターでは、新橋町在住の空野静枝さんによる教室が開かれている。

 2枚に重ねた上の布の一部を切って縫い代を内側に織り込み、まつり縫いをすることで、下の布の色を覗かせ柄を作る。切り絵のようなイメージだ。現地ではブラウスとしてモラを着用するため、耐久性を高めるために縫い目は非常に細かい。その間隔は1、2㎜ほど。チクチクと根気よく縫っていくため、デザインや大きさによっては完成まで3カ月かかるものもあるそうだ。

 重ねる布の枚数を増やすことで、よりカラフルで複雑な柄を描くことも可能だ。色を複数使うといっても、黒・赤・えんじなどの基本となる色を必ず間に挟むことが決まり。これにより色がゴチャゴチャとせず、全体のバランスが整うという。もっとも多い柄は鳥。他にも動植物や神話などを題材にしたもの、幾何学的な線模様もある。「模様には『ヤドカリが這った跡』など、意味があるんですよ」。余白をできる限り作らず、びっしりと埋めつくすのがモラの特徴だ。

 空野さんのモラ歴はもうすぐ30年。実際にパナマのサングラス諸島にも足を運び、現地の技術や文化を体感してきた。中川地区センターで教室を始めたのは14年前。開講時から通い続ける生徒も数人おり、中には80代の女性も作品作りに励んでいるという。「皆さん、自分のペースで楽しんでいます。バッグにしている人もいますし、そのまま額に入れて飾っても絵になりますよ」と話す。

 教室は同センターで第1・3木曜日の午後に開催。問い合わせは空野さん【電話】045・811・1965。
 

見えないほど細かい縫い目
見えないほど細かい縫い目

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

選挙影響で急きょ変更

選挙影響で急きょ変更 文化

区民文化祭の開催日程

10月14日号

地元出身 塚本選手が活躍

B3リーグ横浜EX

地元出身 塚本選手が活躍 スポーツ

ホーム開幕戦は惜敗

10月14日号

参加店舗を動画で紹介

参加店舗を動画で紹介 経済

いっずんハロウィン

10月14日号

「今年はお餅で食べたーい」

上飯田幼稚園

「今年はお餅で食べたーい」 教育

園児が恒例の稲刈り

10月14日号

2商品で園芸博を応援

キリングループ

2商品で園芸博を応援 経済

特別デザインで販売

10月14日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook