泉区版 掲載号:2016年5月26日号
  • googleplus
  • LINE

重要文化財への指定が決まった貨客船「日本郵船氷川丸」の船長を務める 金谷 範夫さん 中区在勤 65歳

「歴史の証人」守り、後世へ

 ○…「気持ちいいなぁ」。見上げた青空に白と黒の船体が映える。自らが船長を務める、日本郵船の貨客船「氷川丸」である。引退後、山下公園に係留保存されている同船は今年3月、水上で保存されている船としては初の重要文化財指定の運びとなった。昭和初期から日本の経済を支えてきた同船はまさに歴史の証人。「戦争の時代もくぐってきた大変貴重な船。この船が背負うものを後世に残したい」

 ○…「動かない船」の船長を務めて13年。「就任が決まった時は『楽勝だ』って思いましたよ。ほかの船にぶつかる心配がないからね」と笑う。「でも、氷川丸の歴史を後世に伝えるという使命を考えた時、この船の船長業務の方が大変だってことに気づいたんです」。船には年間約30万人もの見学者が訪れる。乗客の安全管理は、船体の保守管理と並ぶ重要な任務だ。船は動かずとも、その表情は海上で指揮を執るキャプテンの顔そのものである。

 ○…東京、西荻窪の生まれ。「海が大好きでした。小学生のころから船乗りになりたくてね」。その言葉通り、日本郵船に入社後は貨物船やコンテナ船の航海士として世界中の海を駆け巡った。中でも、最初に船で外国へ行った時のことは今でも鮮明に覚えている。「3カ月かけて南米諸国などを回る航路だった。初めて海外の港に着いたときは感動したな」。海に魅せられた少年の夢が叶った瞬間だった。

 ○…航海士時代は、1年のうち約8カ月が海上生活。心の支えになったのは家族の存在だった。「家を守っていた妻が一番大変だったと思います」。結婚式の時は、式の3日前に船を降りた。娘が生まれた時も、誕生1週間後には出港しなければいけなかった。苦労をかけた家族に「いつもありがとう」と感謝の言葉。はにかむ笑顔は温かい。支えてくれた家族のためにも「後悔はない、幸せです」と自身の人生に胸を張る。根っからの「海の男」の生き様である。

泉区版の人物風土記最新6件

渋谷 登志子さん

絵手紙サークルの講師を務め、カリグラファーとして手書きの良さを伝える

渋谷 登志子さん

2月22日号

遠藤 瑞行さん

スポーツ推進委員として25年地域で活動する

遠藤 瑞行さん

2月8日号

杉山 金夫さん

自作の昔遊び道具で子どもたちに遊びを教える

杉山 金夫さん

2月1日号

小山 正子さん

上飯田地区センターで味噌づくり教室の講師を務める

小山 正子さん

1月25日号

永田 文夫さん

新橋コミュニティハウスで教室を開く折り紙師範の

永田 文夫さん

1月11日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

福祉の作品展

福祉の作品展

2月26日から

2月26日~3月4日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク