泉区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

NPO法人認知症フレンドシップクラブ横浜事務局の代表を務める 山出 貴宏さん 中田東在勤 40歳

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena

認知症のイメージ変えたい

 ○…認知症になっても安心して暮らし続けられる街を目指す全国組織の中で、県内初の事務局として設立。27日に地域を巻き込んだキックオフイベントを開催する。当日行う認知症患者の捜索シミュレーションでは、スマートフォンのSNSアプリを活用する。「スマホならどこでもすぐに情報共有できる。便利なものは使いつつ、昔のような地域で顔の見える関係を改めて築いていけたら」

 ○…「まず行動」と何度も口にする通り、これまで挑戦の連続。相談にのり、患者の人生を一変させるドラマの中のソーシャルワーカーに憧れ、福祉の道へ。専門学校卒業後は、福祉を多方面から学ぶ必要があると訪問入浴サービス、特別養護老人ホーム、建築会社と経験を重ねた。認知症ケアに本腰を入れる発端となったのは特養勤務時に患者の症状が急速に悪化する様を目にしたことだった。「職員は一生懸命。だけど、やり方を変えればもっと違う結果になるはずだと思った」

 ○…危ないからやらせない、できないからやってあげるといった「介護の暗いイメージ」を変え、人として尊重し、できることを引き出す、当事者のための施設を作りたい。そんな思いで立ち上げたのが、認知症のケアや予防に取り組む通所サービス「扉」。「つてもなかった。正直勢いだった」と大きな体を揺らして笑う。現在は口コミで利用者も増え、通所を楽しみにする人もいて嬉しいと語る姿は充実感にあふれている。

 ○…幼少期から20歳までを新橋町で過ごし、現在も宮古太鼓の一員として舞台に立つ。最近は、講演会や研修で休日も全国を飛び回り、さらにクラブ事務局の活動も開始。目まぐるしい日々を送るが、疲れたそぶりは見せず「育った泉区に恩を返したい」と目を輝かせる。若い人でもなり得る認知症。他人事ではないが、発症しても何もできなくなる訳ではない。認知症のイメージと取り巻く環境を変えようと走り続ける。

泉区版の人物風土記最新6

福島 初恵さん

立場地区センター指導員としてコロナ禍でも工夫を凝らした事業を企画する

福島 初恵さん

和泉町在住 62歳

1月21日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

小野 敦男さん

このほど泉企業防犯連絡会の新会長に就任した

小野 敦男さん

領家在住 63歳

1月1日号

野中 慎一郎さん

中和田中学校PTA会長として日本PTA全国協議会会長表彰を受けた

野中 慎一郎さん

和泉中央南在住 46歳

12月10日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

旭区在住 21歳

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク