泉区版 掲載号:2016年12月8日号 エリアトップへ

30周年を迎えた泉区弓道協会の会長を務める 佐藤 健児さん 岡津町在住 72歳

掲載号:2016年12月8日号

  • LINE
  • hatena

上へ上へと狙い定め

 ○…「男女関係なく、華奢でも高齢でも楽しめる。私も決して体が大きい方ではないでしょう」。誰でも、何歳でも始められるのが生涯スポーツである弓道の良さと語る。子育て後や定年退職後を入門の機会に選ぶ人も少なくない。弓を引く腕だけでなく、踏ん張ることで下半身も鍛えられる。「足腰が強くなるから、さらに競技を長く楽しめる。コツコツと諦めなければ上達するんです」。稽古する若者を見る目が弧を描く。

 ○…恩師の後を継ぎ、会長に就任し15年になる。泉スポーツセンターの弓道場は、センター内に併設されている市内唯一の場所。開館の話が出た当時、仲間とともに陳情し、実現した自慢の稽古場だ。神奈川県は全国でもトップクラスの活発さ。区内2つの高校にも弓道部があり、老若男女がスポセンで稽古に励んでいる。「生涯スポーツとはいえ、黙っていたら減っていく」と危惧し、初心者向けの教室を開くなどし、裾野を広げる取り組みを続けてきた。その成果もあってか、春・秋の区民大会参加者は年々増加しているという。

 ○…他の競技と比べ、ハンデが少ないからと「暇を潰す程度の気持ち」で弓道部に入った大学時代。的に当てる楽しさはあったが「真剣度が足りず、実力はそこそこ」。卒業後はやめるつもりだったが、会社に弓道場、自宅そばにスポセンと恵まれた環境と偶然が重なり、気付けば弓道が掛け替えのない存在に。「妻と引き合わせたのも実は弓道」と照れ臭そうに笑う。

 ○…弓道に大切なのは、無駄のない美しい動き、的を射る実力だけではないと語る。「礼に始まり礼に終わる。礼儀や道具を大切にする精神が重要」。高段位ともなると的中だけでなく、各動作や心の持ち方までが昇段審査の対象だ。「当たれば気持ちがいいけれど、それでもまだまだ上を目指す気持ちでいる」。教士7段の腕前だが、今も満足することはない。難関の8段を目指し、弓を握る。

泉区版の人物風土記最新6

峰岸 正臣さん

来年4月に開校する緑園学園の校章デザインを手がけた

峰岸 正臣さん

緑園在住 46歳

10月21日号

石田 剛規さん

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める

石田 剛規さん

藤沢市在住 39歳

10月14日号

渡辺 楊子さん

40周年を迎えた絵画教室「木犀会」を主宰する

渡辺 楊子さん

岡津町在住 83歳

10月7日号

伊藤 清春さん

日本サッカー協会100周年功労表彰を受賞した

伊藤 清春さん

上飯田町在住 74歳

9月30日号

田中 完さん

中田中学校の技術科教諭で生徒を国際的ロボットコンテストの全国大会へ導いた

田中 完さん

泉区在住 56歳

9月23日号

佐藤 茂さん

区内では異例の1万3000アクセスを誇る自治会ホームページを管理する

佐藤 茂さん

和泉中央南在住 74歳

9月16日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook