泉区版 掲載号:2017年1月19日号 エリアトップへ

意中の献立に1票 小学生が選挙体験

教育

掲載号:2017年1月19日号

  • LINE
  • hatena
投票する東中田小の児童
投票する東中田小の児童

 泉区では、小学6年生を対象に選挙の仕組みを伝える出前授業「せんきょフォーラム」を今年も希望校10校で実施している。給食のメニュー等をテーマに本格的な模擬選挙を行い、日常生活に政治や選挙がどのようにかかわっているかを体験してもらうのが狙い。

 この活動は2008年に始まったもので、区選挙管理委員会の職員らが希望のあった小学校へ出向き、選挙の仕組みや意義、投票の方法等を伝えている。メインの模擬選挙では、各校で「給食のメニュー」「卒業アルバムの表紙」等の児童にとって身近なテーマを設け、「当選」した案は実際に採用される。本物の投票用紙や記載台、投票箱を使うだけでなく、児童には一人ひとりに名前が入った投票の案内や選挙広報が事前に配布され、投票前には教諭が候補者として支援を呼びかける演説会もある。

 初日の1月13日には、東中田小学校(芝フク代校長)で「小学校最後の給食のゼリーの味」を”争点”に模擬選挙が実施された。この日は88人が有権者として参加。受付係や立会人といった運営側の役割も代表児童が体験した。児童らは緊張した面持ちで候補者の名前を記入した投票用紙を順に投じていった。

 投票後は鍵をかけた投票箱を運び、開票。半数にせまる40票で「オレンジ味」案を訴える候補者が当選した。2位とは数票差だったことから担当教諭は「数人が投票に行かなければ、結果が変わってしまう可能性もある。1票の大切さを覚えておきましょう」と児童に呼びかけた。

 区選管では選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、今年度から区内の高校4校の文化祭にブース出展し、若者に向けたPR活動を拡大している。15年春に行われた統一地方選挙では、年代別の投票率が若い世代になるほど低かった。担当者は「6、7年後、有権者になった時には今回の体験を参考に、是非選挙に参加してほしい」と話した。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.gennami.net/

トマト薬局

長後街道に2店舗 お薬・健康相談会実施中

http://tomato-ph.jp/

㈱昭和工業

水まわりのことは何でもおまかせください!

https://www.ss-showa.co.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

子育て情報一冊に

子育て情報一冊に 社会

区内4カ所で配布中

6月24日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月24日号

手渡し型に注意

特殊詐欺

手渡し型に注意 社会

被害総額昨年上回る

6月17日号

今年度課題は「次世代」

泉区地域協議会

今年度課題は「次世代」 社会

各地区代表者で議論

6月17日号

中庭をリニューアル

下和泉地区セン ケアプラザ

中庭をリニューアル 社会

地域交流の拠点目指す

6月10日号

対象拡大し食支援

泉区社協

対象拡大し食支援 社会

学生に加えひとり親にも

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter