泉区版 掲載号:2017年7月27日号
  • googleplus
  • LINE

防犯指導員女性部の会長を務める 八下田 美弥子さん 新橋町在住 60歳

地域から犯罪なくなれ

 ○…「小さくてもチームワークは最高。地域から犯罪がなくなる事が目標です」と第一声。区内の各連合から3人ずつが委嘱され活動しているボランティアの防犯指導員。さらにその内の12人よって構成されているのが女性部だ。警察署員とともに各戸訪問をして犯罪への注意を呼びかけたり、駅頭などで啓発チラシを配布したりすることが主な活動。先月も弥生台で夏に増える女性を狙った犯罪について注意を呼びかけた。

 ○…指導員としての活動は早10年が過ぎた。声を張りあげても、道行く人たちはまるで他人事かのように耳を傾けてくれないことも少なくないが「悲しい思いをする人をなくしたい」という気持ちが背中を押してきた。今、最も力を入れているのは振り込め詐欺被害の防止。各戸訪問を続ける中で「他の人は何でひっかかるのかという油断」や「自分は大丈夫という過信」が一番危ないと見えてきた。自身も「常にだまされるかもしれないという気持ちでいます」と顔を引き締める。

 ○…親が転勤族だった影響で、中学校までの間に海外を含め10カ所以上の引っ越しを経験。「幼いながらに郷に入れば郷に従えの精神が身に付きました」とおどけて見せる。短大を卒業後は保育士として働き、結婚を機に泉区へ。「当初は地域活動に熱い想いがあったわけではないんです」と振り返るが、活動を通して人の輪が広がっていくことが醍醐味。交通安全母の会でも7年、現副会長。

 ○…オカリナ、コカリナ、フランダンスと、趣味にもアクティブ。目下、一番はまっているのはコーラスグループ「コールしおん」で、歴9年。仲間と集まってハモる練習日が楽しみで仕方がない。何事も書き留めなければ気が済まないメモ魔で、日記も欠かしたことはない。アンケートには誰よりも想いを書き、公募も大好きだ。忙しくも充実した日々に「地域の方々や友人、主人に感謝です」と身体を小さくしてほほ笑んだ。

泉区版の人物風土記最新6件

永田 文夫さん

新橋コミュニティハウスで教室を開く折り紙師範の

永田 文夫さん

1月11日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

西村 信子さん

障がいがある娘と共に歩む日々の記録映画が上映される

西村 信子さん

1月1日号

飯野 紀子さん

「満福いずみ食堂」の代表として地域の人に温かい食事を提供する

飯野 紀子さん

12月14日号

井野 宏哉さん

切り絵サークルの講師を務め、区内の風景を切り絵に残して歩く

井野 宏哉さん

12月7日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

11月30日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク