泉区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

手足口病 区内で3週連続警報値 市全体でも2年ぶり警報

社会

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena
区では手洗いを励行
区では手洗いを励行

 発熱とともに、手や足に水泡などができる感染症の「手足口病」が、泉区内で流行警報の基準値を上回っている。感染者は全体の約95%を5歳以下の乳幼児が占める。区は予防のためにしっかりした手洗いを励行している。

 手足口病は、ウィルスの感染によって発症する夏かぜの一種。感染者との接触やくしゃみなどの飛沫を吸い込むことで伝染する。

 流行の基準は、各区内の定められた診療所などから毎週報告される患者数の平均値が5・0ポイントを上回ると警報値とされる。横浜市内にある定点は94カ所で、そのうち泉区内の定点は4カ所。区内では第26週(6月26日から7月2日)に6・0ポイントを記録し、その後、第27週(7月3日から9日)には10・75ポイント、第28週(7月10日から16日)には12・50ポイントと、感染拡大を続けている。市内では隣接する瀬谷区に続いて2番目に感染者数が多い値だ。

 流行は市内全域でも拡大。横浜市感染症情報センターは7月20日、第28週の市内の患者報告数の平均が流行警報の基準値である5・0ポイントを上回ったと発表した。近年では2011年、13年、15年にも同様の流行が見られ、今回の警報発令は2年ぶり。

「予防の基本は手洗い」

 横浜市泉福祉保健センターの小野範子医務担当課長は予防について「手洗いをしっかり行うことが大切です」と話す。ただ石けんを使うだけでなく「15秒以上かけて丁寧に洗うこと。指と指の間や手首など広い範囲をしっかり洗ってください」と呼びかける。

 市内で報告された患者は、1歳が約36%と最も多く、次に2歳が約22%と続く。感染者全体を見ても5歳以下が全体の約95%を占めるため、感染を予防するには親が子どもに、しっかりした手洗いをさせることが大切だ。

 (問)市健康福祉局【電話】045・671・2463へ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

楽しむことが “リハ”

上飯田町高垣さん

楽しむことが “リハ” 社会

パーキンソンに趣味で対抗

3月26日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 経済

融資認定832件、31億円超

3月26日号

公会堂の工事完了

公会堂の工事完了 社会

講堂内装も明るく

3月19日号

柳明神社の再建順調

上飯田町

柳明神社の再建順調 文化

4月中の完成目指す

3月19日号

泉区選抜が初優勝

日産スタジアム杯

泉区選抜が初優勝 スポーツ

決勝はPKで戸塚破る

3月12日号

区の情報発信に重点

泉区予算

区の情報発信に重点 社会

居住地としての魅力内外へ

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク