泉区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

いずみの丘観音墓苑 「新しいお墓」のカタチ 11月18日 現地案内会

 核家族化や晩婚化、生涯未婚など、家族の形が大きく様変わりしている。そんな中多くの人を悩ませているのが、墓の問題だ。

 「お墓が欲しいけど、墓守(跡取り)がいない」「子どもに迷惑をかけたくない」…そんな悩みに対応する形として近年、新しい形の墓が注目されている。

 そのひとつが、岡津町の普光寺境内にある「いずみの丘観音墓苑(ずっとあんしん墓苑)」。この墓苑では、自分の墓を一定期間(10年単位)持つことができ、そのあと合祀される。合祀後は同寺が永代にわたり責任を持って供養するため、子どもや孫に墓の面倒をみてもらう心配が不要だ。

 「現代の社会においてとても必要とされ、人気のスタイルです。死後の心配を減らすことは、現在をいきいきと過ごすために大切なこと。一度考えてみませんか」と担当者。11月18日(土)には現地で案内会が開催される。詳細は左記。

いずみの丘観音墓苑

横浜市泉区岡津町94

TEL:045-853-1411

http://www.izuminooka-kannon.com

泉区版のピックアップ(PR)最新6件

専任講師がスマホ教室

参加無料

専任講師がスマホ教室

1月11日号

「成年後見制度」を学ぶ

ウスイホーム戸塚店

「成年後見制度」を学ぶ

1月11日号

肺がんを学ぶ 公開講座

専任講師がスマホ教室

大人気参加無料

専任講師がスマホ教室

12月14日号

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

12月14日号

受験通して本当の「学び」指導

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク