泉区版 掲載号:2017年12月14日号 エリアトップへ

「満福いずみ食堂」の代表として地域の人に温かい食事を提供する 飯野 紀子さん 和泉町在住 49歳

掲載号:2017年12月14日号

  • LINE
  • hatena

美味しい食事で満福に

 ○…午後5時。ドアを開けて元気なあいさつをしながら子どもたちが入ってくる。出汁から取ったこだわりのお味噌汁を頬張り、笑顔があふれる。昨年4月に中田東で始まった「満福いずみ食堂」の代表として1年半以上が経った。開始から欠かすことなく毎月第2・4木曜日に食事を提供している。「継続していくことで常連の方も増えた。だんだん打ち解けて家族のように食卓を囲めることが本当にうれしい」。そう語る表情はあたたかい。

 ○…子どもの貧困問題が大きく取りざたされるようになった2015年。孤食やカップ麺などで食事を済ませている子どもたちを想うと、胸が締め付けられた。「子どもの飢えほどつらいものはない」。何とかできないかとフェイスブックで投稿したのがきっかけ。賛同者が増え、子どもが一人でも美味しい食事ができる場所として食堂を作ろうと、ボランティアの主婦から成る「おせっかいチーム」を立ち上げた。

 ○…食へのこだわりが生まれたのは長男が4歳の頃。滲出性(しんしゅつせい)中耳炎を患い、なんとか体に良い食事を食べさせたいと出合ったのが無農薬の食材だった。農薬や添加物を使わない食材で作った料理のおいしさを知り、「美味しい食事ができることは幸せなことなのだ」と実感した。それから保育園や地区センターなどで簡単料理教室の講師を務めたり、自費出版のレシピ本の執筆も行う。

 ○…「子どもたちだけでなく、地域の人も気軽に来てくれる食堂になった」とにこやか。柔らかい物腰だが、実は大学で電子工学を専攻したリケジョ。電子機器メーカーのSEとして勤務していた。食堂の活動のみならず、11年3月の東日本大震災による汚染土や放射能の問題にも敏感に反応する。「食を取り巻く環境は良くないかもしれない。だからこそ美味しいものを食べることにこだわってほしい」。そして今日も食堂の扉を開く。

泉区版の人物風土記最新6

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

坂本 光毅(こうき)さん

末期がんと闘いながら画業60周年記念個展を開く

坂本 光毅(こうき)さん

中田北在住 78歳

4月1日号

町田 佳子さん

横浜市内唯一のワイナリーで、旭区に農園がある「横濱ワイナリー」の代表

町田 佳子さん

横浜市内在住 

3月18日号

江尻 哲二さん

泉区災害ボランティア連絡会の副代表で防災のデジタル化に取り組む

江尻 哲二さん

緑園在住 83歳

3月11日号

藤井 隆志さん

腎移植による休職を経て、iOSアプリを児童と開発するなど独自の授業を行う

藤井 隆志さん

新橋小教諭 46歳

3月4日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.gennami.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter