泉区版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

食卓囲み笑顔あふれる 満福いずみ食堂

教育

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena
知らない人同士同じテーブルに座る
知らない人同士同じテーブルに座る

 こどもが一人でも食事ができる「満福いずみ食堂」が12月14日に開かれ、小学生や近隣住民などが訪れ、一つの食卓を囲んだ。

 食堂はボランティア団体「おせっかいチーム」(飯野紀子代表)が昨年4月にオープン。お腹も心も満たせる「地域の居場所」として、子どもは一食100円、大人は同300円で誰でも食事ができる。

 当初は地元の回覧板や掲示などで周知してきたが、口コミで情報が広まり、今ではバスなどを使って訪れる人もいるという。

 また、活動に賛同してボランティア支援をしたいと声を上げる人も増えた。地元の農家などから食材が提供してもらえるなど、応援の形はさまざまだという。

 この日は、午後3時から食事作りがスタート。区内の農家から大量に採れたての野菜が届いてからメニューを決める。この日は白飯、大根とタコの煮物、とり肉だんごと白菜のスープ、赤大根と水菜のピーナツサラダ、キャベツのおひたし。約30食を用意した。

 午後5時半ごろ、東中田小学校5年の女子児童は友人2人とやって来た。「温かくて美味しい」。野菜づくしの食事に「美味しいから残さず食べられる」とにっこり笑った。

 飯野さんは「細々と長く続けていきたい」と抱負を語る。「訪れる人の生活に寄り添いながら、子どもたちの成長を見守っていくことも楽しみ」と話した。

泉区版のローカルニュース最新6

2021 横浜市長選

2021 横浜市長選 政治

情報は7月16日時点

7月22日号

「本のお楽しみ袋」登場

泉図書館夏休み企画

「本のお楽しみ袋」登場 社会

小学低・高学年向け

7月22日号

ヤマユリ繁殖に挑戦中

中田南の住民有志

ヤマユリ繁殖に挑戦中 社会

鯉ヶ久保ふれあい樹林

7月22日号

クイズラリー

クイズラリー 社会

立場地区センで

7月22日号

「働く女性」活躍を推進

検証・林市政の12年〈下〉

「働く女性」活躍を推進 政治

管理職割合目標は未達

7月22日号

中華街の魅力紹介

中華街の魅力紹介 社会

季刊誌「横濱」で特集

7月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter