泉区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

女声コーラス コール曙が30周年 平均75歳、熟練のハーモニー

文化

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena
代表を務める井手口あや子さん
代表を務める井手口あや子さん

 区内で活動する女声コーラスグループ「コール曙」(井手口あや子代表)が設立から30年を迎えた。平均年齢75歳の熟練の歌声が奏でるハーモニーは衰え知らず。今年は自主発表会の開催に向け練習に励んでいる。

 コール曙は、戸塚区で活動していた合唱グループから派生し、泉区・瀬谷区のメンバーを中心に1987年4月に結成。井手口さんの呼びかけで当初は3、4人でのスタートだった。

 チーム名の「曙」は夜が明け、朝日が昇って見えるまぶしい光のイメージから。井手口さんは「朝日が明るく照らすように、明るく優しく美しいグループになりたいと思ったんです」と振り返る。

 発足当初は和泉台自治会館を貸してもらい、週に一度練習。ボイストレーニング専門の講師に師事するなど、スキルアップにも努めた。口コミで地域に住む子育て中の女性が徐々に集まり、取り組める曲も増えていった。自主発表会はこれまでに10回開催。公会堂を満員にしたのも忘れられない思い出の一つだ。

 かつては40人が参加していた時期もあったが、現在は19人。平均年齢は75歳で、それぞれ合唱歴も40年、50年を超え、大ベテランの域に。「経験とチームワークで一体感のある歌を歌うことができるのが強みかな」と井手口さんは話す。

 今年の1月からグループの指導は、声楽家としてオペラなどにも出演している志村紀美江さん(瀬谷区在住)が担当。「先生の歌に魅了されてもっと頑張ろうと意欲が湧いている」とメンバーの士気も今まで以上に高まっている。井手口さんは、「今年は自主発表会の開催が目標。たくさんの曲をお客さんに聴いてもらえるように練習に力を入れていきたい」と話した。
 

泉区版のトップニュース最新6

コロナ禍で増加傾向続く

泉区内家庭ごみ

コロナ禍で増加傾向続く 社会

市「食品ロス削減を」

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

学習支援の動き進む

区内ケアプラザ

学習支援の動き進む 教育

いずみ中央は自習室開放

7月15日号

電話録音機を寄贈

遊技場協同組合泉支部

電話録音機を寄贈 社会

泉警察署へ200台

7月15日号

ゆめが丘にキャンプ場

ゆめが丘にキャンプ場 社会

「泉区の豊かな自然感じて」

7月8日号

熱中症に警戒を

泉消防署

熱中症に警戒を 社会

屋外等「適宜マスク外して」

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter