泉区版 掲載号:2018年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

下和泉地区連合 若者世代呼び込みに一手 動画でまちをPR

社会

総務部の藤岡さん(左)と中島さん
総務部の藤岡さん(左)と中島さん
 若い世代を地域に呼び込むきっかけにしようと、下和泉連合町内会(久野毅連合会長)が動画で町内会をPRしている。活動記録のみならず情報発信ツールとして地域活性の起爆剤にしたいと意気込んでいる。

 動画の作成が始まったのは4年ほど前。当時、撮影を趣味としていた総務部副部長の中島忠治さんが町内会行事などの記録として撮影・編集を担っていた。この動画を地区のPRに生かせないかと、部長の藤岡文昭さんが中島さんに公開用動画の編集を提案。今年から行事などで撮影した動画を、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿するようになった。

 撮影された動画は1月の賀詞交歓会や作品展、スプリングフェスタなど。公開されている動画は連合自治会町内会のホームページに記載されているリンクからのみ閲覧可能で、一定のプライバシーが確保される仕組みだという。

広報手段新たに

 発足から70年を超え、2110世帯が暮らす同地区。しかし同会は、区内でも高齢化が深刻化し、若い世代の転入者が少ないことを課題に掲げている。

 藤岡さんは「若い人たちを呼び込むために、PRの手段を変えなくては」と、掲示物の配布のほかにSNSや動画など広報手段の刷新に力を入れている。

 また、昨年3月に改築された連合町内会館の利用率を上げようと、改築1周年のイベントを3月18日(日)に同会館で開催する。出店などが登場し、大型スクリーンで中島さんが撮影した動画も公開する予定となっている。藤岡さんは「少しずつでも、地区の魅力を伝えるきっかけになれば」と話している。

泉区版のトップニュース最新6件

助成までの期間 短縮へ

指定難病医療費

助成までの期間 短縮へ

6月14日号

地域福祉支援掲げ30周年

高齢運転者の支援充実へ

今年度末、全域通水へ

和泉川

今年度末、全域通水へ

6月7日号

横浜神泉クラブが優勝

ねんりんピック横浜市予選

横浜神泉クラブが優勝

5月31日号

きれいな「泉」に貢献

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク