泉区版 掲載号:2018年3月29日号
  • LINE
  • はてぶ

三重県で開催された「第9回伊賀流手裏剣打選手権大会」で3位に入賞した 野口 晃希(こうき)さん 旭区在住 16歳

「本物の忍の姿 広めたい」

 ○…3位の座を争い、3人で行われた同点決勝。6m離れた直径約30cmの的に全神経を集中させた。「手裏剣打ちは、精神面が必ず素直に出るもの」。与えられた5投に持ちうる力の全てを注ぐと、全部が点数の的に入り、同大会の過去最高得点となる190点を記録。会場からは一投ごとに歓声が沸いた。「3位の結果は悔しいが、最後に自分の実力を出せた」と充実感をにじませる。

 ○…自宅近くにある忍者道場「四季の森武道塾」に初代生として3歳から通い始め、塾長の池辺政昭氏を師匠に古武術や忍術を学んできた。「最初に学ぶのは、歩き方をはじめとした身体の使い方。忍者はすべての術が使えないといけない」。中学生の頃は朝稽古に加え、週6日道場に足を運び、鍛練を積み重ねてきた。現在では子どもたちの指導にも携わっている。手裏剣打の稽古は、周囲を見ながら冷静に物事を捉える力と同時に、それを受け止める精神も養った。

 ○…12歳から都内を拠点に忍者文化の伝承に取り組む法人「武蔵一族」の一員となり、「野猿佐助(やえんさすけ)」の忍者名でさまざまな活動に取り組んでいる。日本では映画などの影響もあり、暗殺者のイメージも強いが、「実は影で平和を作ってきた存在」と強調する。近年、外国人に人気が高いという忍者文化。「皆、真剣に話を聞いてくれる。外国からの逆輸入で、日本にも本物の忍の姿を伝えたられたら」。現在、区内の高校に通っているが、卒業後は武蔵一族の社員として、活動を本格化させるつもりだ。

 ○…学校と稽古、指導、武蔵一族での活動など多忙な日々を送る。今回の大会に向け精神面を鍛えようと、昨夏から毎朝5時に起床し朝稽古。また、就寝前には体の状態を知るための瞑想を日課としてきた。「周りを気にしないで打てたので、少しは強くなれたかも。継続は力だと思う」。謙虚に前を向き、忍者の道を突き進む。

泉区版の人物風土記最新6件

飯島 猛旦(たけあき)さん

中田・しらゆり子育てネットワークの会長

飯島 猛旦(たけあき)さん

11月15日号

坂田 修子さん

県優秀授業実践教員表彰を受賞した

坂田 修子さん

11月8日号

浜野 誠司さん

区民文化センター「テアトルフォンテ」館長を務める

浜野 誠司さん

11月1日号

菅野 藤雄さん

(一社)日本相撲甚句会の認定師範を務める

菅野 藤雄さん

10月18日号

佐々木 隆夫さん

泉区陸上競技協会の会長

佐々木 隆夫さん

10月11日号

相澤 史人さん

泉区老人福祉施設長研究会の会長

相澤 史人さん

10月4日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク