泉区版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

県書店商業組合 新理事長に有隣堂・松信氏 「個性ある店づくりが必須」

文化

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena
抱負を述べる松信理事長
抱負を述べる松信理事長

 神奈川県書店商業組合の理事長にこのほど、(株)有隣堂代表取締役会長兼社長の松信裕氏(74)が就任した。

 県書店商業組合は県内の約170店舗が加盟。書店どうしの連携を通した業界振興などを目的に活動している。松信氏の理事長就任は今夏行われた総会で決定した。

読書は人の血肉に

 書籍の販売額は1996年をピークに減少の一途をたどっており、歩調を合わせるように書店もその姿を消している。松信理事長は「必ずしも活字離れは起こっていない。インターネットの文章は多く読まれている」との認識を示しつつ、情報がわかりやすくまとめられたサイトを読みすぎるのは「危険」と指摘。「本当に人の血肉になるのは、やはり読書」と話す。

 だからこそ、書店を無くしてはいけないという思いは強い。この状況下で今後書店に必須となるのが「個性ある店舗づくり」だという。

地域性ふまえ工夫を

 松信理事長は「書店を取り巻くシステムに課題がある」と話す。

 一般的に書店は、仕入れた書籍が売れ残った場合、出版社に返品できるシステム(委託販売)をとっており、在庫のリスクがないというメリットがある。一方で、出版元から定期的に届けられる書籍を「ただ店頭に並べるだけ」という状況が生まれやすいと説明する。

 本が売れるかどうかは「出してみないとわからない部分がある」と松信理事長。そのため予想は難しいが、書店を取りまく厳しい状況を踏まえると、在庫リスクを負ったうえでも自ら本を選んでいくことなどが求められるとする。「各店舗は地域性などを考え、様々な工夫を凝らしていくことが必要になってくる。当社で実践しリードしていくことも私の仕事だと思う」と語った。

泉ふれあいシールラリー

12/1~2/12 泉区の障害者福祉施設のお店を回ってみませんか!

http://www.shakyo-iy.or.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

交流の場を屋外に

交流の場を屋外に 社会

ケアプラザでサロン再開

11月26日号

動物絵画の新作個展

岡津町の松本さん

動物絵画の新作個展 社会

11月26日号

緑園東小が参加率トップ

こどもエコ活大作戦

緑園東小が参加率トップ 教育

11月26日号

迫真の演技で警鐘

迫真の演技で警鐘 教育

領家中 事故再現し安全教室

11月26日号

泉区からも期待の声

ベイ新監督にハマの番長

泉区からも期待の声 スポーツ

11月26日号

教室をテレワークの場に

教室をテレワークの場に 社会

コロナ禍に有効活用

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク