泉区版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

風しん流行続く 30〜40代男性で多数

社会

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市が11月22日に発表した「風しん流行情報」によると、市内でも依然として風しん患者の報告数が多い状態が続いている。

 市内では今年7月まで風しん患者の報告はなかったが、8月に1人が診断され、11月21日までの累計報告数は120人に上っている。一週間あたりの報告数でみても、例年と比較して多い状況が続いているといい、今後の推移も注意が必要。

 市内ではこれまでの患者のうち、98人が男性で、女性が22人。特に30代から40代の男性が多い。

風しんの主な症状は発熱や発疹、リンパ節の晴れなどで、発疹のでる前後一週間に感染性があるという。市は、疑う症状が出たら必ず事前に医療機関に連絡の上、指示に従って受診するよう呼びかけている。

泉ふれあいシールラリー

12/1~2/12 泉区の障害者福祉施設のお店を回ってみませんか!

http://www.shakyo-iy.or.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

交流の場を屋外に

交流の場を屋外に 社会

ケアプラザでサロン再開

11月26日号

動物絵画の新作個展

岡津町の松本さん

動物絵画の新作個展 社会

11月26日号

緑園東小が参加率トップ

こどもエコ活大作戦

緑園東小が参加率トップ 教育

11月26日号

迫真の演技で警鐘

迫真の演技で警鐘 教育

領家中 事故再現し安全教室

11月26日号

泉区からも期待の声

ベイ新監督にハマの番長

泉区からも期待の声 スポーツ

11月26日号

教室をテレワークの場に

教室をテレワークの場に 社会

コロナ禍に有効活用

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク